【速報】仮想通貨取引所Liqui:10月27日付けで12種類の仮想通貨上場廃止へ|AE、0xも含む

2018年10月27日 12: 00(UTC時間)、日本時間で、2018年10月27日(土)21:00に12個の仮想通貨が上場廃止になると発表があった。

  1. Nimiq Exchange Token (NET)
  2. Sphre AIR (XID)
  3. Patientory (PTOY)
  4. Neumark (NEU)
  5. 0x (ZRX)
  6. Republic Protocol (REN)
  7. Aeternity (AE)
  8. district0x (DNT)
  9. Quantum Resistant Ledger (QRL)
  10. SONM (SNM)
  11. SIRIN LABS Token (SRN)
  12. Stox (STX)

今回対象となる仮想通貨マーケット削除において、上場廃止日から15日間の引き出し期間を設けるとのこと。

2018年11月11日12:00 (UCT時間)になると、引き出し不能になり、Liquiに入っている資産は完全になくなる。

そのため、上記の日時までに売却するか、取引所ウォレットや個人ウォレットに移す必要がある。

最近では、Binanceが4つの仮想通貨を上場廃止や、Poloniexなどの各取引所でも同様の動きが確認されている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

【速報】バイナンスが4種の仮想通貨を上場廃止|TRIGは出金制限懸念も急落に影響か
世界最大の取引所Binanceは公式ブログにて、ユーザーの利益を保護などを理由に、4つの仮想通貨(Bytecoin、ChatCoin、Iconomi、Triggers)を上場廃止と発表した。
大手仮想通貨取引所Poloniex:米居住者への信用取引と貸仮想通貨サービス停止、3種の仮想通貨の上場廃止も発表
大手仮想通貨取引所のPoloniex(ポロニエックス)は、3つの仮想通貨の上場廃止、米国に拠点を置く顧客のためにマージン取引(信用取引)と貸仮想通貨サービス(レンディングサービス)を廃止することを発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら