イングランド・プレミアリーグ、ビットコインで選手移籍金支払い|eToroの提携を受け一年以内に実現の可能性

今年1月のトルコのアマチュア選手のビットコイン契約に続き、仮想通貨を移籍金に利用する選択肢がイングランド プレミアリーグに導入の可能性があると、eToroの英国取締役Iqbal V Gandham氏が発言した。

6ヶ月から12ヶ月以内に、ビットコインを使ったプレミアリーグ内の選手移籍が行われる可能性を感じているとの見解を示した。

eToroは、今シーズン初めにレスター・シティFCとトッテナム・ホットスパーFCを含む7つのプレミアリーグクラブとの提携を発表している。

.

各クラブは、eToroプラットフォームを宣伝する代わりに、ビットコインで支援金を受けているという。

今シーズンに入り、プレミアリーグに参加している少なくとも3つのサッカーチームがブロックチェーン製品を支持しており、メッシ氏、ロナウジーニョ氏、マイケル・オーウェン氏などの超有名スターが仮想通貨関連企業のイベントに参加している。

参考記事:Next Step in English Premier League: Player Transfers For Bitcoin

参考記事:‘BITCOIN PREMIER LEAGUE TRANSFERS WITHIN A YEAR,’ SAYS ETORO

CoinPostの関連記事

サッカーのUEFAチャンピオンズリーグ:ブロックチェーンを使ったチケット発行を実施
今シーズンのエストニアの首都タリンで開催されるレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードのUEFAスーパーカップ試合で、アプリをテストし、チケット販売をより簡単で安全にすることを目指している。
仮想通貨取引所がイギリスのプレミアサッカークラブのスポンサーへ
来週始まる、圧倒的人気を誇るイギリスのプレミアリーグのチームWolverhampton Wanderer(愛称ウルブズ)は、同リーグ史上初めて、仮想通貨取引所Coin Dealがスポンサーとなった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します