CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所バイナンス内で、露取引所が20億円相当のイーサリアムを資金洗浄 口座を凍結へ|Mt.Gox事件関与疑惑も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨取引所バイナンスが資金洗浄疑惑の口座を凍結
大手取引所のバイナンスが約20億円相当とされる93000ETHを資金洗浄した疑いでロシアの仮想通貨取引所WEXの口座2つを凍結した事を発表。
浮き彫りとなる業界の課題
今回の事件は仮想通貨業界の発展のために力を尽くす企業の努力を踏みにじるものだが、仮想通貨業界全体として悪いイメージを払拭するかが今後の課題と言える。

バイナンスが資金洗浄疑惑の口座を凍結

ロシアの仮想通貨取引所WEXが約93000ETH (約20億円相当)の資金を仮想通貨取引所バイナンスで資金洗浄していた事が判明した。

Wexはロシアを拠点とする仮想通貨取引所で、ビットコインやイーサリアムの顧客資産の出金を7月から停止しており、問題視されていた。

WEXは十分な説明も与えないまま出金を停止したことから、被害にあったユーザーは今月ロシア当局に事件を申し出ており、WEX詐欺の被害者サイトも立ち上げられているほどだ。

出典:Wex-Scam.com

Wexのアカウントを監視していた被害者ユーザー団体からの申告を受け、バイナンスは8月から10月にかけ25回に渡り、総額93000ETHを移動した2つのアカウントを25日に凍結していた事を公表した。

またツイッター上でロシアの仮想通貨取引所Wexのコールドウォレットから大量の仮想通貨をマネーロンダリングされている事を指摘されるとバイナンスのCEOであるCZ氏は以下のように返答を出した。

指摘された口座は凍結されたので、警察に届け出てください。我々は全面的に協力する。

我々もこの事情を知らなかったが、できる最善は尽くすつもりだ。

Wexの拭いきれない疑惑

仮想通貨取引所WEXは実は以前から問題視されていた。

WEXのインフラの元となっているのは昨年7月にMt.GOXから盗難されたビットコインを資金洗浄していた事からアメリカ政府に運営停止させられたBTC-eだ。

またBTC-eの元運営者であるAlexander Vinnik氏は2013年に世界を揺るがしたMt.Gox事件から流出したビットコインを所有していた疑いでギリシャで逮捕させられている。

そのような過去を一新しようと、BTC-eを買収し、再発進する形でWEXとなった取引所は一時期順調に進んでいたが、取引ペアにおける価格の乖離が生じていた。

そして今回WEXが資金洗浄をしている疑いが高まっているというわけだ。

浮き彫りとなる今後の課題

今回の事件に対して全面的に協力を示しているバイナンスやニューヨーク州のビットライセンスを取得している取引所コインベースを皮切りに、多くの仮想通貨企業は業界の正当化、仮想通貨の悪いイメージ払拭に尽力してきている。

事実、仮想通貨やビットコインのイメージはMt.Gox事件直後やシルクロードが話題とされていた数年前よりは格段と向上しているといっても過言ではない。

またコインチェック事件などがありながらも、日本では10月24日に日本仮想通貨交換業協会が金融庁から自主規制団体として認定を受けており、各国政府からも仮想通貨およびブロックチェーンを正当な業界として規制していく姿勢を見せてきている。

しかし、このような事件は信頼性を築こうと努力している多くの仮想通貨企業の努力に泥を塗っているのと変わりない。

仮想通貨業界全体が今後克服し続けなければならないのは、WEXのように一部の企業が築くイメージとどう差別化を図り正当性のあるブランドと印象を築くかである。

そうした意味でバイナンスのCZ氏が規制当局への「全面的な協力」をする姿勢を示している事は評価に値すると言ってよいだろう。

CoinPostの関連記事

バイナンスの代表者:取引所にはセキュリティが最重要
Binanceの代表者CZ氏は、先日のデルタサミットのインタビューにて、取引所を安定して継続するために最重要なのはセキュリティであり、その上で全ての事項が適切に稼働している状態を保つことだと強調した。
【速報】仮想通貨取引所バイナンス、上場手数料を全額寄付する意向を表明|金額は全て開示する模様
仮想通貨取引所Binanceは、すべての上場費用を公開し、手数料として集めた100%の資金を慈善のために寄付することを、新たな上場ポリシーの公式文書で公開。以前も同社は西日本の洪水被害などに寄付を表明している。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。
10:25
DCG、グレースケール提供の投資信託を一部売却
仮想通貨コングロマリット企業のデジタルカレンシーグループは、子会社のグレースケールが提供する投資信託における自社の持ち分を一部売却し始めたことがわかった。最近の売却状況が明らかになっている。
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア