コインチェックで仮想通貨イーサリアム、ネム、リスクの入金・購入を再開

コインチェックでETH・XEM・LSKの入金・購入を再開
国内大手の仮想通貨取引所コインチェックは、11月12日より、ETH・XEM・LSKの取引を再開した。特にXEMとLSKは国内取り扱いが少ないことから、流動性が高まる可能性がある。残るは、XRPとFCTのみとなる。

コインチェックでETH・XEM・LSKの入金・購入を再開

2018年1月26日に巨額のハッキング事件が発生した、国内最大手の仮想通貨取引所コインチェックは、業務改善命令を受けて、事実上、大半のサービスを停止していた。

同取引所は、10月30日より、新規口座開設を再開。同日にビットコイン(BTC)、イーサリアムクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)に関しても入金・購入を再開。

本日、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、リスク(LSK)に関しても、外部専門家による協力を受け技術的な安全性の確認が完了したことで、入金・購入を再開した格好だ。

取引再開待ちの仮想通貨は、リップル(XRP)とファクトム(FCT)のみとなる。

特にLSKの売買は、bitFlyer(ビットフライヤー)のみで、XEMの売買は、仮想通貨取引所「Zaif」と「DMM Bitcoin」に限定されており、低迷する流動性の向上が期待できる。

出典:コインチェック公式サイト

2018年11月12日より再開するサービス
  • 一部仮想通貨の入金
  • 入金再開対象となる仮想通貨:ETH・XEM・LSK
  • 一部仮想通貨の購入
  • 購入再開対象となる仮想通貨:ETH・XEM・LSK
  • 前回発表された、新規口座開設、一部仮想通貨の入金・購入再開のお知らせは、以下の通り。

    2018年10月30日より再開したサービス
  • 新規口座開設
  • 一部仮想通貨の入金
  • 入金再開対象となる仮想通貨:BTC、ETC、LTC、BCH
  • 一部仮想通貨の購入
  • 購入再開対象となる仮想通貨:ETC、LTC、BCH(BTCの売買は当初より停止を行なっていない)
  • CoinPostの関連記事

    『コインチェック再開に十分な手応え』マネックス2Q決算説明会で語る、仮想通貨事業の将来性とは
    本日20:00より開催されたマネックスのオンライン決算説明会にて、コインチェックの現状やビットコイン取引など仮想通貨事業の将来性について、松本CEOの発言要旨を詳しくまとめた。金融庁に認可された場合、広報活動を積極的にしていきたい等と言及した。
    【速報】仮想通貨取引所コインチェックで新規口座開設再開|ビットコイン価格も急反応
    10月30日より、国内最大級の仮想通貨取引所「コインチェック」の新規口座開設を再開することが発表された。国内仮想通貨市場における久々の明るいニュースであり、待望の好材料と言えるだろう。


    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用