CoinPostで今最も読まれています

ブロックチェーンで追求する『食の安全性』:日本でもワインなどの高級品や有機野菜に応用

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーンで追求する「食の安全性」
食品に関する「産地偽装」問題などを解決するため、ワインボトルに貼られたQRコードにスマートフォンをかざすことで、日付、製造工程の写真、生産者情報などを確認できる。

ブロックチェーンで追求する「食の安全性」

日本経済新聞の報道によると、有機農業発祥の町として知られる「宮崎県東諸県郡綾町」のワイン生産者と電通国際情報サービスは、栽培から製造、流通までの履歴をブロックチェーンに記録する実験を今年4月から始めた。

宮崎県東諸県郡綾町(ひがしもろかたぐんあやちょう)は、「有機農業の町」などをスローガンとする町おこしの成功例として知られ、全国各地から自然の中での人間らしい生活を求める移住者が後を絶たない 「日本で最も美しい村連合」の一つとされている。

有機野菜とは、農林水産省が定めた「有機JAS規格」に適合した野菜で、「多年生野菜は3年以上、単年野菜は2年以上の間、禁止農薬・化学肥料を使用していない土壌で栽培する」ものが相当する。

同町は2017年3月、株式会社「電通国際情報サービス」のオープンイノベーションラボ(イノラボ)と提携し、2016年10月より有機農産物の品質を、ブロックチェーン技術を活用して保証する実証実験を進めていることを発表。東京都港区のヒルズマルシェの朝市で、生産情報を付与した野菜の販売店を出す試みなどを行なっている。

ワインとブロックチェーン

仮想通貨の基盤技術である「ブロックチェーン(分散型台帳)」は、記録の改ざんが困難という高いセキュリティー性から、自治体の公文書の管理や、ワインなど農産物の生産履歴の証明にも使われ始めている。

食品に関する「産地偽装」問題などを解決するため、ワインボトルに貼られたQRコードにスマートフォンをかざすことで、日付、製造工程の写真、生産者情報などを確認できる。

以下のようなメリットで、トレーサビリティー(生産履歴の追跡)の信頼性を高め、高付加価値な商品を消費者に届けることが可能だ。

  • 手作業で管理されていた書類が、電子化されたデータがブロックチェーン上に集約されることで、管理コストの大幅削減が見込める
  • 品質保証だけでなく、農産物のデータが一元管理する「流通システム」への実装も見込める
  • 生産者情報に加え、土壌の品質や農薬量なども確認できる

今年1月には、世界四大コンサルティングファームの一つとされる「EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング」が、「ワイン・ブロックチェーン」の実証実験を始めたことが話題となった。

生産から流通まで様々な業者が関わるワインの情報管理にブロックチェーンを活用したサービスを提供するほか、宝石や高級ブランド品などを対象とし、生産や流通の情報を一覧できる仕組みを構築する。

海外の事例も

今年4月、中国のeコマース大手のアリババは、消費者の元へ食品が届くまでの経路の透明化を計るブロックチェーンプラットフォームの試験的運用を開始した。

中国では、2008年に発生した「粉ミルクメラミン混入事件」など、死者を出すような食品偽装事件が後を絶たず、問題視されてきたことが背景にある。また、米ミシガン州立大学の研究によれば、世界の食品業界は、食品偽装により、毎年400億ドル(約4.4兆円)にものぼる損失を被っているという。

このプロジェクトは昨年、アリババがグローバルコンサルティング大手PwC (PricewaterhouseCoopers) のオーストラリア及びニュージーランド拠点と共同開発すると発表し、ブロックチェーンを使った食品の真正性を追跡するプログラムに端を発していおり、製品についた「固有QRコード」を読み取ることで、製品の原産地からの移動経路を追跡、購入した品物が本物かどうかを知ることができるようになる。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

米保健当局、食品衛生管理にブロックチェーン導入検討|米国内O157流行が背景
最近アメリカとカナダにおいて、ロメインレタスを摂取したことが原因で、腸管出血性大腸菌O-157とみられる感染が急激に広がっている。そうした中、食品衛生管理の改善に乗り出すFDAはブロックチェーン技術の導入を検討している。
アリババ:ブロックチェーン技術で食品偽装撲滅へむけて試用運転を開始
中国のeコマース大手のアリババは、食品偽造が後を絶たない中、消費者の元へ食品が届くまでの経路の透明化を計るブロックチェーンプラットフォームの試験的運用を開始しました。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア