米SEC長官、ブロックチェーン投資の将来性を楽観視|バランスの取れた規制を強調

米SEC長官がブロックチェーンの投資将来性を肯定|国会上院公聴会発言
米SEC長官のClayton氏が国会上院の公聴会にて、ブロックチェーン技術・仮想通貨・ICOの現状と将来性について発言し、特にDLT投資の将来性を楽観視している。

SEC長官の肯定的発言

米国証券取引委員会(SEC)長官を務めるJay Clayton氏は12月11日に、アメリカ上院銀行・住宅・都市問題委員会(U.S. Senate Committee on Banking, Housing, and Urban Affairs)で開かれた公聴会 にて、ブロックチェーン・仮想通貨(デジタルアセット)・ICOの現状と将来性について言及した。

以下のようにClayton長官による発言の重要点をハイライト

  • ブロックチェーン・DLT技術が資産の形成を促進できると楽観視
  • 仮想通貨やICO販売について非常に注意深く見守っており、多くの労力を費やしてきた
  • 機関投資家・個人投資家にとって、同技術は将来性のある投資
  • 技術革新と投資家保護が並行するバランスの取れた規制手段を取ってきた

出典:SEC

イノベーションの促進と投資家の保護

そしてClayton長官は、「これまで積極的に民間の起業家や業界のプロフェッショナルに会い、先進的で魅力的な投資商品の作成に助長するなど、イノベーションを阻害しないようにつとめてきた一方で、他の規制機関との交流も深め、さらなる監視が必要な分野の特定などにも注力してきた」と説明した。

事例として、同長官は、先日「ICOトークンの発行に当たる「有価証券」の判断を明確にする『ICOガイダンス』の公開準備に言及し、さらにSECは仮想通貨関連対策の一環として、同機関内でFinHubと呼ばれるフィンテックの窓口組織を編成していることも挙げた。

そのFinHubは、ブロックチェーン技術、ロボアドバイザー、人工知能、機械学習などの時代の先端を行く技術に付随して台頭する問題に対処することを目的として設立されており、法律を遵守した上で、ICOなどの新しい資金調達方法を選択肢の一つとして取り入れることが可能になる。

しかし、彼は、FinHubのような組織が設立された結果、市場参加者がアドバイスを求めて問い合わせてくるようになった一方で、未だ市場には消費者を騙すことを試みる悪質な詐欺的ICOプロジェクトが多く存在していることを指摘した。

SECの今後の展望とは

ICO業界にて先月11月にSECは、Airfoxおよび、Paragonという2つのICOプロジェクトを未登録証券プロジェクトと判断し、両プロジェクトに罰金、資金調達額の返金を要請しており、その厳格な基準が整いつつあることも示唆されている。

また、Clayton長官は先週、12月6日に行なった年末スピーチにて、ICOを企業の有効な資金調達方法と認めながら、有価証券販売に該当すれば証券法に遵守しなくてはならないとも指摘した。

このように、米国の金融分野で大きな影響力を持つSECの代表がブロックチェーン業界に可能性を感じていると言及し、仮想通貨分野の方針・規制の明確化に向けて取り組んでいることはポジティブな傾向であると言えるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米SEC長官、仮想通貨ICOは有効な資金調達方法と認めるも「証券法は必ず遵守すべき」
米国SECの長官Jay Clayton氏は12月6日に行なった年末スピーチで、ICOを企業の有効な資金調達方法と認めつつも、証券販売であれば証券法に遵守しなくてはならないと強調。
米有識弁護士が解説:SECがICOに対する「法的執行」を総括、第二段階に突入
仮想通貨界隈の法律アナリストとしてSNS上で信頼される米国弁護士Jake Chervinsky氏は先日SECが2つのICOに対する法的和解を受け、「ガイダンス段階」が終わり、「業界の清掃」という第二段階を始めようとしているではないかと分析している。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら