昨年大損失を被った米大手「仮想通貨投資ファンド」CEO、自社株大量買い増しで強気姿勢をアピール

Novogratz(ノボグラッツ)氏の持ち株が80%まで上昇
昨年の下落相場で約150億円の含み損を抱えた米Galaxy Digital CEOが、自社株を約6億円買い増し、持ち株比率80%近くに引き上げた。仮想通貨市場への強気姿勢継続を内外に示した格好だ。

ノボグラッツ氏|Galaxy Digitalの株を買増し

米有力誌ブルームバーグ が、仮想通貨マーチャント・バンク「Galaxy Digital」の創設者兼CEOのマイケル・ノボグラッツ氏は、同社のカナダ上場株を550万ドル(≒5億9000万円)買い増しを行い、持ち株比率が80%近くまで上昇したと報じた。

この報道により、Galaxy Digitalの株価が約36%高騰。昨年は、仮想通貨市場の下落に伴い、同社の株価は、19%も下落していたという。

昨年は大損失も、強気姿勢を堅持

コインポストの既報であるように、ノボグラッツ氏は、ゴールドマン・サックスでパートナーやヘッジファンドマネージャーを務める等、ウォール街金融出身である上、仮想通貨バブル以前から、ビットコインの有識者としての強気な相場観に定評がある。その一方、2018年から継続していた仮想通貨のベアマーケット(弱気市場)を受け、「Galaxy Digital」は、1億3000万ドル(約147億円)以上の含み損を抱えていることが判明している。

出典:ZeroHedge

しかし、そのような状況にも関わらず、同氏が株を買い増していることから、仮想通貨市場に対する信念は変わらず、将来性を見込んでいることがわかる。

昨年12月に行われたブルームバーグ誌の取材で同氏は、右肩下がりの市場が続く中、仮想通貨の未来を確信できるかについて語っている。

私は、仮想通貨はもちろん、基盤となる技術の”将来性”を信じている。

さらに言えば、ビットコインが”デジタルゴールド”になると確信している。

現在は、名門イェール大学基金の投資部長が、エンダウメント(寄付金によって設立された基金)の投資先として、ビットコインに投資するような時代だ。

彼のようなベテラン投資家が、ビットコインを「価値の保存」とみなしているという事実には、大きな意味がある。

ノボグラッツ氏は以前、ビットコインは2018年末には9000ドル(約100万円)辺りで落ち着くであろうと予測していた。

結果的には、金融市況の急悪化やハッシュ戦争などの影響もあり、この予想を外しているものの、それでも同氏は、2019年の第1四半期までには1万ドルの壁を破るとの予想を堅持する。2018年11月に行われた経済誌の取材では、1万ドルの壁を越えれば2万ドル(220万円)まで伸びる可能性が高いとも語った。

2019年は始まったばかりで、ノボグラッツ氏の予測が的中するか否かは不明だが、仮想通貨投資ファンドである自社株の買増しなど、強気な相場観を改めて内外に示したことは、ポジティブな要素と言えるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

2019年の主要アルトコインに控えるファンダメンタル材料は?|仮想通貨注目イベントまとめ
相場は下落基調も、多くの主要アルトコインには注目すべきイベントが2019年に控える。1月に控えるイーサリアム大型イベントや、市場でも注目が集まるライトコインの半減期などをまとめた。
仮想通貨市場「過去の相場分岐点」まとめ 専門家は2019年のビットコインをどう見る?
2018年も残りわずかだが、この記事では過去の価格パターン、現在の市場状況、また仮想通貨界有識者の意見から2019年のビットコイン価格がどうなるかを予想していく。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者8,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら