米仮想通貨取引所Bittrexから510億円相当のビットコイン送金報告|取引所は問題なしとの声明を発表

Bittrexから510億円相当の巨額送金報告

大口の取引をトラッキングするBOT「Whale Alert」にて、11日9時に海外取引所Bittrexから130,005BTCの送金があったことが報告された。130,005BTCは、日本円にして510億円に相当する。

本日ビットコインが2度の下落ののち、bitFlyerのJPY建では40万円を下回る金額まで下落していたため、SNS上では警戒する声が相次ぎ、同ツイートは多くのリツイートを獲得している。

その金額から一人の投資家による送金ではないことは予想されるが、下落相場の中でのハッキングが懸念された形だ。

本日の下落に関しては以下の記事より

CoinPost関連記事

ビットコイン2度の急落で再度40万円下回る 下落要因と専門家の最新意見まとめ|仮想通貨朝市況 
ビットコインは、方向性を見定めていた動きから一変、レンジ相場をブレイクする形で2度の急落を記録し、24時間の値幅では4万6000円の暴落相場を経て、40万円をついに割った。
Bittrexの大量送金はハッキングではないとの声明を発表

その後(送金履歴から1時間半後)に、Bittrexが今回の送金履歴に関する公式の声明を発表。コールドウォレットの再編成と拡充を行っており、今回の送金はその中で行われたものであるとし、資産やハッキングの心配はないと掲載した。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

香港の仮想通貨取引所、ハッキングリスクに対応した保険やカストディサービスなどの補償制度が必須に
香港SFCは、仮想通貨ホットウォレットに保管された仮想資産の100%、コールドストレージにある仮想資産の大部分(95%など)の補償体制を保険などで保証する必要があるとした。
4000万円相当のハッキング事件、韓国出来高2位の仮想通貨取引所が勝訴
韓国最大手の仮想通貨取引所Bithumbにおいて、投資家が入金していた約4000万円がハッキングにより盗難され、資金の返還を求めていた裁判を起こしていた件で、韓国裁判所は取引所側に勝訴の判決を下した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加