米eコマース大手Overstock:STOプラットフォームtZEROにて投資家向けセキュリティトークンの提供開始を発表

米eコマース大手Overstock:同社プラットフォームtZEROにてセキュリティトークンの提供開始
米eコマース大手「Overstock.com」が所有するセキュリティトークンのプラットフォームtZEROにて、昨年8月までに投資家1000人によって購入された分のトークンの提供を開始した。

米eコマース大手Overstock:投資家向けセキュリティトークンの提供開始

米eコマース大手「Overstock.com」が所有するセキュリティトークンのプラットフォームtZEROにて、昨年8月までに投資家1000人によって購入された分のトークンの提供を開始したことが、米国時間10日の深夜にtZEROのCEOであるSaum Noursalehi氏が投資家に送信した内容から明らかになった。

tZEROは昨年8月のSTO(セキュリティトークンオファーリング)で1億3400万ドル(約150億円)の収益を上げ、10月に購入された分のセキュリティトークンの発行を完了し、それらのトークンは今までカストディアルウォレットにて3ヶ月の期間ロックアップされていた。

公式からの通知によると、投資家には2つの選択肢がある。

  1. tZEROのパートナー証券仲介会社であるダイナソー・ファイナンシャルグループで保管用口座を開くこと。
  2. 個人のウォレットにて保管すること。個人ウォレットでの保管には、2段階認証が必須となる。

しかし、tZEROが実際に同プラットフォーム上でセキュリティトークンの取引を開始するかは、現時点では不確かである。レター内でtZEROは、将来のセキュリティトークンの取引開始についてのアップデートに注目するように投資家に呼びかけた。

同社トークンの取引開始時期は公表されていないものの、証券を法律に準拠した形のトークンとしてウォレットで管理できるようになることで、流動性や監査容易性の向上、レギュレーションのコントラクト化などが見込まれている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米CFTCがスマート・コントラクトの入門書を発行|既存の金融規制に該当すると言及
米CFTCは米国時間火曜日、スマートコントラクトに対する教育本位の入門書を発表した。特筆すべきは「スマートコントラクトが既存の金融規制に該当する点」だ。
米CFTC委員長が期待感を示す:『仮想通貨市場の成熟には機関投資家の参入が鍵』
米国先物取引委員会(CFTC)のクリストファー・ジャンカルノ委員長が大手テレビ局フォックスの取材に対し、機関投資家の参入が仮想通貨市場の成熟につながると期待を述べ、「害のないアプローチ」を継続する姿勢を見せた。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら