ビットコインクジラの再活発化を指摘 仮想通貨分析機関Filpside Cryptoが報告

休眠状態の『ビットコイン』が再び活動を開始
Filpside Cryptoの分析によれば、取引記録が観測されていない、いわゆる『休眠状態』のビットコイン口座がここ数か月の内に活発に活動している。ビットコイン全体の60%以上を占めるこれらの口座がビットコイン価格に更なる影響を与え可能性を指摘した。

休眠状態のビットコイン口座

仮想通貨の分析機関であるFlipside Cryptoがビットコイン価格が再び変動する可能性があることを報告している。2018年以降低価格の相場が続いているビットコインだが、Flipside Crytoの分析によれば取引記録が観測されていない、いわゆる『休眠状態』の大量資金を有したビットコイン口座がここ数か月の内に活発に活動しているようだ。

出典:Flipside Crypto

この『休眠状態』にあるビットコイン口座は数多く存在しており、いずれも半年から2年半以上全く手がつけられていないものも多く存在する。しかし、Flipside Cryptoの調査によると、昨年の10月からそれらの口座からコインの移動が次々に観測されており、過去30日間に取引が行なわれた(アクティブになった)デジタルウォレットは、ビットコイン全体の60%以上を占めるという報告している。

出典:Flipside Crypto

FlipsideのData Science主任であるEric Stone氏は、「これは確実に大きな動きであり、価格変動を引き起こす可能性が十分にある」と語っている。

Stone氏はさらに昨年の夏以降、ビットコインの供給量は40%増加しており、このトレンドは2015年から2017年に起きた供給量と似ていると説明した。ボラティリティが高く、相場も大きく変動した2017年にビットコインの最高価格である220万円に到達した時点と類似点があり、ボラティリティの高まりによって、大口の資金の動きが活性化することを指摘した。

驚くべきことに、ビットコイン全体の85%はたった1000口座によってシェアを占められている。その多くはビットコインが発行された初期段階に購入されたもの、いずれも過去2年間、価格高騰が続いてたこともあり、口座が『休眠状態』になっている。

FlipsideのCEOであるDavid Balter氏もこれらの口座が再び動き出していることは間違いないと強調した。

またStone氏はこれらの口座が活発になれば価格に大きな影響を及ぼすことは必至であり、言い換れば『休眠状態』の口座が更に2年以上の休眠を続ける理由が何もない、と今後もこの傾向が続くと語っている。

別機関のDelphi社も、UTXOという独自の手法でビットコインの『休眠』期間を分析しており、いずれも休眠期間を表す値が限界点を迎えていると説明しているなど、今後大口の動きが活性化するとの指摘は、多方面から指摘されている。

クジラの動きは市場を安定化させていることを示唆する最新報告書も

大口の仮想通貨送金が確認された場合、その通貨が売却される懸念が生まれることで、売り圧力の見方が強まるが、これまでの大口の送金情報を解析したChainalysisは、むしろ市場を安定化させているとする報告書を発表している。

取引所を除く保有量上位32のウォレットを分析したChainalysisは、大口の特性として、暴落時に売却を行う訳ではなく、逆に保有量を増やす動き(買い)の結果に繋がる送金を行なっている事を指摘した。

出典:chainalysis.com

(大口が地合いの悪い7月にも活発な購入を行なった事を示すデータ)

また実際に大口が売る場合も市場に直接的な影響がでないOTC取引を利用していると掲載した。実際にOTC取引は大口投資家においても大きなメリットがあり、基本的にまだ出来高が低い仮想通貨市場の板状況を考えると、大口売却による直接的な影響は、意図しない限りかなり低いものであることが想定されるだろう。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら