CoinPostで今最も読まれています

【速報】仮想通貨イーサリアムの大型アップデートが延期 リエントランシー攻撃への脆弱性発覚で

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

イーサリアム大型アップデート、脆弱性の指摘受け延期が決定
日本時間17日午後1時頃に予定されていたイーサリアムの大型アップデート、コンスタンティノープルにおけるリエントリー攻撃への脆弱性が監査機関ChainSecurity社の指摘で発覚した。これを受け、イーサリアム財団はアップデートの延期を発表、Geth・Parity最新版へのアップデートを促した。

イーサリアムの大型アップデート、延期が決定

本日午前7時前後、イーサリアム財団が今週17日に予定されていた大型アップデート、コンスタンティノープルにおける脆弱性が発覚したため、延期を発表した。

今回の延期から考えられるイーサリアム(ETH)価格への影響とリエントリー攻撃に関する説明を追記しました。

具体的な脆弱性として挙げられたリエントリー攻撃が、スマートコントラクト監査団体のChainSecurityの公開した「コンスタンティノープルはリエントリー攻撃を可能にする」と題されたブログ投稿内で指摘され、発覚した

出典:ChainSecurity

今週17日に予定されていたアップデート項目の一つ「EIP1283」で、以前のイーサリアムより低いガス(取引手数料)が実現した事や追加される新たなスマートコントラクトのコードが今回の脆弱性の主な理由として挙げられている。なお、これらの脆弱性は、まだアップデートが行われていない現時点において未だ適用されていないため、問題かする心配はない。

ChainSecurity社の脆弱性に関する指摘を受けイーサリアム財団は急遽日本時間17日、予定されていたアップデートの延期を発表した。

出典:ethereum.org

延期をする上での対応としては、アップデート実行ブロックとして設定されていたブロック数7,080,000到達前に、ノード運営者(取引所、マイナー、ウォレットサービス提供者、等)がGeth、又はParityの最新版へアップデートするようを促している。

なおイーサリアム保有者は、アップデート延期に際して何もする必要はない。

アップデート延期、ETH価格への影響

今回の大型アップデート「コンスタンティノープル」延期発表はイーサリアムの価格にも影響を及ぼしている。

発表があった日本時間午前5時半前後、イーサリアム(ETH)価格は急落し、全面的に価格の下落がみられた上位仮想通貨銘柄においても他通貨よりも大きい約-6%の下げ幅を見せた。

出典:CoinMarketCap

出典:CoinMarketCap

リエントリー攻撃とは

また今回実装される予定だったコンスタンティノープル内のアップデート項目の一つであるEIP-1283で指摘されたのは「リエントリー攻撃」と呼ばれるもので、これはイーサリアムのスマートコントラクトに何度も入り(エントリー)、被害対象のアカウントから送金を過度にくり返してしまう脆弱性だ。

被害にあった場合、残高以上に複数回送金を攻撃先のアドレスにしてしまうバグである。

通常はガスと呼ばれる手数料を払う事でこのようなバグは免れていたが、今回のアップデートで取引手数料が低下する事もEIP-1283の脆弱性をさらに活用される可能性が懸念視されている。

脆弱性を発見した専門家のコメント

監査機関ChainSecurityのCTOで、今回リエントランシー攻撃の脆弱性を発見したHubert Ritzdorf氏は大手仮想通貨メディアCoinDeskに対して以下の様に述べた。

今までは少額のガスを払う事で便利な事はできたが、悪意のある事はできなかった。

しかし今回複数の機能が安くなった事で、さらに少額のガスで不正行為も可能になってしまう。

また同じくChainSecurityのCOO、Matthias Egli氏はこの脆弱性はイーサリアムバーチャルマシン自体の問題ではなく、イーサリアム独自の開発言語であるSolidity特有の問題であると述べ、コンスタンティノープル延期は正しい決断だとコメントした。

コアの問題ではなく、Solidityの仕組みがリエントリー攻撃を可能にする。(アップデートが実装された場合)

今まで考慮されなかったガス・コストを低下する事の余波はこれだろう。しかしこの脆弱性を修正したとしても、既に実装されているスマートコントラクトを「壊す」こととなるかもしれない。

(アップデートの延期は)正しい決断だ。少なくとも研究者達が実際の(ガス低下が与える)影響を考える時間が生まれる。しかし約1ヶ月は延期されるであろうハードフォークにおいて今回のEIP(1283)は含まれない可能性が高いだろう。

なお脆弱性を指摘したChainSecurity関係者は約1ヶ月延期されるであろうと予想しているが、現段階では本日発表された延期がいつまで続くかは未だ公表されていない。引き続きイーサリアムコミュニティからの新情報を待つ必要があると言える。

ビットコイン価格の乱高下やイーサリアム価格など、本日の仮想通貨市場に関する詳細はこちらからどうぞ。

ビットコイン価格が乱高下 相場の下落要因を3つの最新ニュースから考察|仮想通貨朝市況
ビットコインが断続的に値幅の大きい相場変動が起きている流れを引き継ぎ、日本時間5時30分付近で急落した。発表された下落要因になり得るニュースの最新状況を追った。
▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

仮想通貨イーサリアム 「ProgPoW」の実装が仮決定|ASIC寡占の対策の重要性とは
1月4日のイーサリアムコア開発者の会合にて、イーサリアムの「ProgPoW」実装が仮決定した。それはASIC対策として機能するアルゴリズムであり、GPUマイニングの持続性と非中央集権性の維持という点で重要なものとなることが注目。
イーサリアム設立者ヴィタリック氏「チェーン分岐しない場合、アップグレードと呼ぶべき」|投資家不安を取り除く呼称を強調
イーサリアム設立者ヴィタリック氏は、ハードフォークとアップグレードの違いについて言及。投資家の不安を取り除く呼称にすべきであるとの見解を示した。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/29 木曜日
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。
11:45
日本人起業のイーサリアムL2のINTMAX、「Plasma Next」のメインネットαを発表
仮想通貨イーサリアムのL2「INTMAX」は、新たなzkロールアップ「Plasma Next」のメインネットαを発表。スケーラビリティ向上の実現が期待される。
10:35
ソラナ基盤ALL.ART、コカ・コーラ従業員にNFT証明書システム提供へ
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトクトALL.ARTはコカ・コーラHBCにNFT形式のデジタル証明書システムを提供すると発表した。
08:20
イーサリアム財団、Krakenに20億円相当のイーサリアムを入金
追跡データによると、仮想通貨ETHの価格が3,300ドルを超えた時点で入金された模様だ。このウォレットは財団が持つもので、2017年4月に合計39,006 ETHがETH開発者コミュニティウォレットから入金された。
07:45
ビットコイン、保有者の97%が含み益に
ビットコインは28日に6万ドルの節目を突破。仮想通貨分析企業IntoTheBlockはビットコイン保有者の97%が含み益の状態にあると報告した。アルトコインのデータも投稿している。
07:30
BTC採掘の上場企業マラソン、ビットコインL2「Anduro」をローンチ
マラソンがローンチするビットコイン・サイドチェーンは、「マージマイニング」と呼ばれるプロセスを採用。参加マイナーは、ベースレイヤーでビットコインの採掘を中断することなく続けながら、Anduroのサイドチェーンで発生するTXからビットコイン建ての収益を得ることができるようになるという。
06:45
ビットコインETF発行企業VanEck、RWA型NFTのプラットフォームをローンチ
腕時計やワインのトークン化 ビットコイン現物ETF「HODL」の発行企業であるVanEckはNFT市場に参入する。28日に、独自のNFTプラットフォーム「SegMint」をロー…
05:45
ビットコイン一時64000ドル到達、コインベースはログイン障害
仮想通貨ビットコインは一時64,000ドルまで高騰するもその後一時58,000ドル台まで反落。コインベースのサイトは取引集中などを受けログインや残高の表示問題に見舞われている。
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア