リップル社がQ4レポートを公開 仮想通貨XRPの年間売却量は約587億円を記録

リップル社がQ4レポートを公開
リップル社がQ4レポートを公表し、2018年10月から12月にかけての仮想通貨XRPとリップル社の分析や活動報告を総括した。XRP売却量は2018年全体で約587億円分を記録したなど、躍動の一年を振り返る。

リップル社、2018年Q4レポートを公開

リップル社が日本第3四半期に相当する2018年10月から12月(米第4四半期)にかけてのリップル社や仮想通貨XRPの活動や分析を総括するレポートを公表した。

その中で、バブルが弾けた年に反して、市場の取引量を高めていることが判明した。

仮想通貨XRPの分析

まずは時価総額2位の仮想通貨XRPに関する分析内容を紹介する。リップル社によるとXRPの日間平均取引量は2018年1月から3月時期以来の高水準である5億8570万ドル(約642億円)を記録したと報告したほか、XRPに関する以下の内容を紹介した。

  • XRPのボラティリティ
  • 主要通貨の価格との相関性
  • 30以上の仮想通貨取引所に新上場

ビットコインやイーサリアムとの価格相関性

黄色い線がビットコイン(BTC)との相関性、グレーの線がイーサリアム(ETH)との相関性を表している。

出典:Ripple

上図を参照すると、仮想通貨XRPの主要通貨との相関性は9月末から10月中旬までは2月以来の低水準にあったことが伺える。

その後、価格の相関性は上昇したが、11月15日に行われたビットコインキャッシュのハードフォーク前後から相関性が急激に下がった。同時期、仮想通貨XRPは相場に逆光して、BTC建で価格が上昇していた時期と重なる。

出典:Ripple

この要因としては、仮想通貨市場全体に不安感をもたらし、結果的にチェーン分裂したビットコインキャッシュやそのほかビットコイン、イーサリアムでも採用されているPoWの問題がXRPには無関係である点が注目されていたことが思い浮かぶ。

しかしその後、XRPの価格相関性は12月に入ってから2018年中旬に見られた高水準への復帰を見せた。

また仮想通貨XRPのボラティリティは2016年末以来となる日足のボラティリティが5%と低水準であったと報告している。

バイナンス含む30以上の仮想通貨取引所に上場

また仮想通貨XRPは第4四半期だけで新たに30以上の取引所に上場し、総計100以上の仮想通貨取引所で取り扱われる通貨となったと報告。

特に注目を集めた上場の報道は大手仮想通貨取引所バイナンスが12月24日に仮想通貨XRPを基軸通貨の一つとして発表した時だろう。

バイナンス上場に関する詳細はこちらから

バイナンスCZ氏が正式に「リップル基軸」追加を発表|仮想通貨XRPの上場最新状況と経緯を解説‬
期待感が高まっていたXRP(リップル)基軸の通貨ペアが、大手仮想通貨取引所バイナンスに上場することが正式に発表された。本記事では、これまでCZ氏のXRPに関する言及・XRPの分散型取引所上場などの情報もまとめている。

リップル社の総括

またリップル社は同社が提供する送金技術xRapidの普及報告やXRP売却数、エスクローから活用されたXRPについても報告している。

XRP売却量

またリップル社は10月から12月の期間にかけての仮想通貨XRP売却量についても情報を開示し、リップル社が公開した下記の図ではQ4、Q3、そして2018年全体の統計がまとめられている。

出典:Ripple

Q4にリップル社の売却した8888万ドル(約9750億円)分のXRPは同期間中の総取引量の約0.16%に相当することが明らかとなった。またこれはXRP取引高の0.24%に相当する。

またリップル社の送金部門であるXRP IIは4015万ドル(約44億円)のXRPを機関投資家に向けて販売したという統計を発表した。

総括的に見ると、リップル社はQ4で1億2903万ドル(約141億円)分のXRP売り上げ高を記録した。また2018年全体の売り上げは約5億3556万ドル(約587億円)相当のXRPを売却した形だ。

xRapid

さらにリップル社は自社が提供する、仮想通貨XRPを一部の国際送金に利用する技術xRapidの普及についても触れた。

10月初旬にはMercuryFXなど3社が最初にxRapidを導入した企業となったほか、xRapidを導入する初の銀行も発表された。

MercuryFXに関する詳細はこちらから

英Mercury FXが仮想通貨XRP(リップル)を利用したxRapidのメリットを証明|手数料削減と送金時間の短縮に成功
リップル社のxRapidを利用するイギリスの外貨送金サービスMercury FXは18日、XRPを使用しイギリスからメキシコへ約50万円に相当するGBPをわずか数秒で送金したと報告した。迅速かつ手数料の低いxRapidの実利用が注目される。

エスクロー(ロックアップ)報告

30億XRP、24億返却

毎月10億XRPが暗号学的に保管されている「ロックアップ」から解放され、使用されなかった分は再び保管に戻る、エスクローシステムについても資金の利用状況を開示。

3ヶ月で30億XRPが解放され、利用されなかった24億XRPがエスクローに返却されたことを報告した。

また6億XRP分は金融包括に向けた社会貢献に向けた機関、RippleNetプログラムなどに活用されていると言及した。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

リップルCEO「国際間取引だけで、年間80億ドルの利益を出す”シティバンク”に大きな変化が生まれる可能性」
昨日ダボスにて行われたCNBC主催のパネルディスカッションで、リップルのCEOやBCGデジタル・ベンチャーズの設立者らが、参加し、BTC、XRPの今後や、いつブロックチェーン技術が普及するかなど、様々な議論が行われた。
仮想通貨XRPの時価総額「約6000億円水増し」を指摘するレポートが公開 リップル社側は強く反論
仮想通貨リサーチ企業Messari社が仮想通貨XRPの時価総額は実際の値より約6684億円水増しされていると指摘した。なおリップル社はこれらの疑惑を否定している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら