JPモルガン「仮想通貨の価値は証明されていない」、ビットコイン価格13万円台まで下落を予想

JPモルガンによるビットコイン価格及び仮想通貨市場の今後の分析
米大手総合金融サービス会社のJPモルガンのアナリストは、ビットコインの価格は1260ドル(約13.7万円)以下まで下がる可能性があると分析。また大手機関投資銀行のアナリストは、「仮想通貨の真の価値は未だに証明されていない」とし、仮想通貨が従来のアセットの代わりとなる可能性も否定した。

JPモルガン「ビットコインの価格は下落を続ける」

米大手総合金融サービス会社のJPモルガンのアナリストは、ビットコインの価格は1260ドル(約13万7千円)以下まで下がる可能性があると分析し、また、銀行によるブロックチェーン技術の利益的な利用の実現までは、少なくともこれから先3から5年以上かかるだろうと見解を示した。

英国際金融ニュース通信社ロイターが報じた。

JPモルガンのアナリストは、特にビットコインの価格について$2,400(約26万3千円)まで下落するのは確実で、市場の状況がこのまま回復しなければ、1260ドル(約13.7万円)以下まで下がる可能性さえあると分析した。

また同社によると、大手機関投資銀行のアナリストは仮想通貨の真の価値は未だに証明されておらず、現時点では金や米国ドルなど従来広く普及しているアセットへの信用が完全に消失した、「最悪な事態の仮定」の中でしか、仮想通貨の価値は存在しないと考えている。

例え、国際的な景気低迷や金融危機などの極めて悪い状況が起きたシナリオだとしても、仮想通貨よりも流動性が高く、比較的複雑ではないアセットは多数ある。

と、仮想通貨が従来のアセットの代わりとなる可能性も否定した。

さらに、最近6ヶ月での機関投資家の仮想通貨市場への参入が減少している点を指摘し、仮想通貨を決済手段として利用するためのサービスを提供する企業はこの先も厳しい状況は変わらないだろうと分析結果をまとめた。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

国際決済銀行が新たな仮想通貨の研究論文を公開|ビットコインの根幹技術を疑問視
国際決済銀行(BIS)が、「仮想通貨における終末的経済学”プルーフ・オブ・ワーク “を超えて」と題した新しい研究論文を発表、ビットコインを支えるPoWシステムを批判した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら