NY証券取引所の親会社ICE、仮想通貨モニタリングツールの提供へ|大手ブロックチェーン企業との提携で実現

ICE、Blockstream共同で仮想通貨データサービスを提供
注目の仮想通貨取引所Bakktの親企業であるICEは先日、国際規模のブロックチェーン企業Blockstreamと提携し、「Cryptocurrency Data Feed」という仮想通貨市場データサービスを提供すると発表した。Bakktも重要視している価格の形成の監視なども提供対象となる。

ICE、Blockstream共同で仮想通貨データサービスを提供

世界最大の証券取引所NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親企業であるICEは先日、国際規模の大手ブロックチェーン企業Blockstreamと提携し、「Cryptocurrency Data Feed」という仮想通貨市場データサービスを提供すると公式で発表した。

このデータフィードでは、400以上の法定通貨・仮想通貨の取引ペア・主要な取引所から60銘柄以上の仮想通貨のリアルタイムと歴史的データを取り扱う。

提携側のBlockstream 社は「Crypto Feed V3」というデータツールを提供する形で、ICEのデータツールと統合することを公式で発表した。

さらに、このデータツールは、価格の形成や市場概況、累計取引高などのモニタリングサービスを提供する。

今回発表されたデータサービスで提供されるサービスは以下の通りである。

  • 価格発見プロセス
  • 歴史的データ
  • 取引所毎の価格・マーケット表示
  • リアルタイムのマーケット概観

またリアルタイムで更新される項目にはVWAP(売買高加重平均価格)も含まれている。

ICEは、法的認定を持つ2つの世界最大の先物商品取引所(ICE先物米国とICE先物欧州)の経営も行なっているため、仮想通貨業にも深く関わっていることで、昨年から注目されている。

昨年発表された、スターバックスやマイクロソフトなどの著名企業とも提携し、手がけている子会社 仮想通貨取引所BakktのCEOは以前、公式ブログでも「価格形成プロセス」の重要性に関して言及したことがあり、機関投資家が信頼できる価格形成機能を用いた取引基盤が市場のニーズとしてあると述べていた。

なお、米国における政府の閉鎖が一時的に終了し、米CFTC(商品先物取引委員会)が通常業務には戻っているものの、Bakktの先物取引の審査が業務の優先順位にどのように取り組まれているかは未だ不明なため、具体的な取引開始予定日は改めて公表されていない。

とはいえ、先日Bakktは求人募集の開始を公表し、東京における法人向けの営業職に関しても募集している。

このように、BakktとICEは先物の審査にかかる不透明な要素が残る状況でも、積極的に業界の発展を進めている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

BitwiseのビットコインETF、ルール変更の申請をNYSEアーカが提出|仮想通貨市場操作への懸念に対応
デリバティブ取引所NYSEのアーカ(Arca)がBitwiseが新たに提出したビットコインETFに関していわゆる「ルール変更」の申請を提出した。SECの市場操作への懸念に対し、その影響は抑止されているという。
ビットコイン先物提供予定の仮想通貨プラットフォームBakkt、東京含む主要都市で求人募集を開始
ビットコイン先物取引の提供が待望されている仮想通貨取引プラットフォームのBakktが求人を開始したことを発表した。特筆すべきは東京でも「法人向け営業」の求人が掲載されている点だ。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック