独2位の証券取引所が仮想通貨取引アプリを開始|ビットコインやリップル(XRP)含む4銘柄

独二位の証券取引所 仮想通貨取引アプリを開始
ドイツで二番目の規模を誇る証券取引所「Boerse Stuttgart Group」が、仮想通貨取引用のモバイルアプリをローンチした。ドイツのみでのサービスであり、対応仮想通貨の銘柄は、BTC、ETH、LTC、XRPの四銘柄となっている。

証券取引所、仮想通貨取引アプリを開始

ドイツで二番目の規模を誇る証券取引所「Boerse Stuttgart Group」が、仮想通貨取引用のモバイルアプリをローンチした。ドイツのみでのサービスとなっており、iOS 9、Android 4.4以降のバージョンで利用可能となっている。

また、同取引所はプレスリリースも公開している。

対応している仮想通貨銘柄は、以下の通りとなっている。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

また、今後より多くの通貨を追加する予定としている。

同アプリでは取引手数料はゼロとなっているほか、トークンの保存を可能とする内蔵型ウォレットのサービスも含まれている。

出典:Boerse Stuttgart

また、公式発表によると、Boerse Stuttgartの子会社である「EUWAX AG」は取引を処理し、もう一つの子会社「blocknox GmbH」は仮想通貨のカストディを取り扱う予定となる。

出典:Boerse Stuttgart

仮想通貨事業への関心を示しているBoerse Stuttgart

同証券取引所は、昨年の前半から仮想通貨に対する関心を示しており、事業を計画をしていた。

そして昨年の12月には2019年1月に仮想通貨取引所のアプリの運営を開始すると発表した。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

独2位の証券取引所「1月に仮想通貨取引所開始」を正式宣言|ビットコインやリップル(XRP)等4通貨提供予定
ドイツ二番目の大手証券取引所の子会社Sowa Labsが開発するバイソンアプリにて、来年の1月に、仮想通貨取引所の運営を開始すると公式で発表した。最初の提供する仮想通貨はBTC・XRP・ETH・LTC。
スクウェア・エニックス「ブロックチェーン技術の応用」に高い関心|大手メーカーのdAppsゲーム参入が実現した場合、仮想通貨業界にも追い風
国内最大手ゲームメーカーがブロックチェーンに高い関心を示していることがわかった。ブロックチェーンゲーム参入が実現すれば、dApps領域と親和性の高い通貨に巨大な実需が生まれるため、日本の仮想通貨市場にとって大きな追い風となるだろう。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら