CoinPostで今最も読まれています

RippleCEO「政府がICOを規制することは正しい」と言及

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

政府のICO規制に賛成する理由
仮想通貨XRPを運営するRipple社のオーナーであるブラッド・ガーリングハウス氏(以下、ガーリングハウス氏)は、新しい仮想通貨が果たして「実際にこの社会に存在する問題を解決しているのか」を疑問視しています。
ICO資金調達の賛否両論
べンチャーキャピタリストによる投資よりも、ICOによる資金調達の方が多くの資金を集められる研究結果がある一方で、専門家はICOは投資家を誘い込み騙し、さらに資金洗浄の可能性も出てくることを懸念しています。

ICO規制を行う必要性

世界中の政府が、ICOに対して規制圧力を強化することは正しいとブロックチェーン企業であるRipple社のCEOはCNBCに対して答えました。

ガーリングハウス氏は、仮想通貨の中で世界で3番目に大きな資本となるXRPのオーナー会社を束ねています。彼は、「新しい仮想通貨が果たして実際にこの社会に存在する問題を解決しているのか」について疑問視しています。

彼は10月9日月曜日のCNBCに対するインタビューで

「近頃、業界にとって悪影響を及ぼすようなICOをたくさん目にします。それらは、実社会での問題を考慮せず、解決しようともしていません。その類の仮想通貨はただ単に詐欺でしかありません」

「よって、世界中で規制当局が実際に干渉し、間に入るのは、とてもいいことだと思います」

とガーリングハウス氏は語りました。

ICOはスタートアップが新規仮想通貨を発行し、それをビットコインやイーサリアムと交換し、資金調達を行う方法です。しかし、それは国際的な騒ぎを起こし、多くの規制当局が厳しく取り締まりを行なったり、それ自体を禁止したりしています。

ガーリングハウス氏によると、対照的に、Ripple社は、銀行を支払い業者や仮想通貨取引と繋げることのできる分散台帳型システムを用い、「1兆ドル(110兆円)規模の問題」を解決しようとしている」と言及しました。

~以下は原文のビデオインタビューでの日本語訳です~

リップル社のCEOであるガーリングハウス氏によると、仮想通貨はまだほんの序章にすぎないと語っています。

さらに、世界でも有数の価値を有する仮想通貨会社を所有している彼は、この仮想通貨の波は単なる人気上昇のトレンドという枠には収まるものではないとCNBCに対して回答しました。

ブロックチェーン技術は、取引を変革させる可能性を持っていて、その可能性は「現在考えられる業界の枠組みを超えて影響を及ぼすことになる」と彼は語りました。

リップルのライバルである、ビットコインは、金が約900兆円の価値を持つのに対し、9兆円の価値を持っています。

ガーリングハウス氏は、「リップル(XRP)は銀行にとっての価値の取引のツールというスタンスを追求し続け、その結果、価値が伴って上昇するでしょう」と語りました。

仮想通貨は、その通貨ごとに違う使用用途を想定していますが、XRPはすでに取引を3.7秒で完結させられるのに対し、ライバルであるビットコインは4時間もかかってしまうのです。

仮想通貨企業のCEOには明るい未来が見えていました。

どうしてICOは賛否両論を引き起こすのか

中国と韓国の両規制当局は、ICOの禁止令を出したことで、ビットコインの取引価格を大幅に下落させました。

研究によると、企業はべンチャーキャピタリストによる投資よりも、ICOによる資金調達の方が多くの資金を集められると言います。

しかし、専門家はICOは投資家を誘い込み騙し、さらに資金洗浄の可能性も出てくるとしています。

近日、多くの有名人がソーシャルメディアプラットフォームを使用し、ICOを通じて資金調達を行おうとしているスタートアップの宣伝をしており、投資家たちは、この有名人による宣伝について懸念を抱いています。

先週(10月の第二週)にCNBCは、アメリカのラップグループであるWu-Tang Clanの創設メンバーであるGhostface Kilah氏(以下、Kilah氏)が、新たに仮想通貨ベンチャーを共同起業したことを明らかにしました。Kilah氏は、フロイド・メイウェザーやパリス・ヒルトン、ジェイミー・フォックスと多くの有名人の名が連なるICOの名簿リストに自身の名前を加えました。

その他にも、イギリスの金融行動監視機構(FCA)やアブダビ・グローバル・マーケット金融サービス規制庁(FSRA)を始めとする様々な規制当局もICOに関して警告を発しています。

Governments are right to regulate ICOs, says the owner of the third-largest cryptocurrency

Oct 12, 2017 by Ryan Browne

参考記事はこちらから

CoinPostの考察

仮想通貨市場の規制は必要であるということを政府側からの発言ではなく、仮想通貨に関わる側のRipple CEO ガーリングハウス氏から聞けたことはとても貴重なことであり、仮想通貨界に与えた影響は大きいのではないかと考えられます。

こうした声明を元に、今後仮想通貨市場がより良く改善されることを期待したいです。ICOに関してはやはり、リスクが伴い、ガーリングハウス氏が述べるように詐欺目的で行われるICOが存在していることも事実です。そうした市場をこれからさらに良くするためにも適切な規制が必要となってくるのでしょう。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。
15:34
米下院、包括的な仮想通貨法案「FIT21」採決へ 規制不確実性の解消目指す
米国連邦議会下院は22日、米SEC(証券取引委員会)の監督権限などを明確にすべく仮想通貨業界にとって大きな節目と指摘される「金融イノベーション・テクノロジー法」(FIT21)の採決を行う予定だ。超党派の支持を得ているため、承認が期待されている。
12:41
ETF承認思惑でイーサリアム3800ドル台まで続伸、ビットコインやソラナは利確売り優勢に
米エヌビディア決算を控え株価指数が様子見基調となる中、暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアムが現物ETFのSEC承認思惑で3800ドル台まで続伸。ビットコインやソラナは利確売り優勢と明暗が分かれた。
11:45
ビットコイン、日本円建てで過去最高値を更新
仮想通貨ビットコインは21日、日本円建ての過去最高値を更新し1,100万円を超えた。アルゼンチンやフィリピンでも最高値を更新している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア