Mt.Gox債権者に「仮想通貨ゴックスコイン」で返済か|ピアース氏が計画を語る

ピアース氏が新プロジェクトを計画
Brock Pierce氏が、TechCrunchのインタビューに答え、マウントゴックスの債権者の救済を目的としたプロジェクト「GoxRising」の計画について語った。

ピアース氏が救済プロジェクトを計画

米大手取引所Coinbaseやステーブルコイン「テザーUSDT」などの立ち上げに携わったことでも知られるBrock Pierce氏が、TechCrunchのインタビューに答え、マウントゴックスの債権者への資金返済などのため、新たな企業の創業を目的とした「GoxRising」プロジェクトの計画について語った。

2011年に起きたマウントゴックスのハッキング事件や、同社破綻などの影響を受け、2万4000人に及ぶ利用者に被害が及び、現在民事再生計画を進め、債権者への資金返済に向け奔走している。

しかし、完済するまでには少なくとも三年はかかる見込みとなっている模様だ。

そうした状況を受け、同氏は、現在抱える技術的、法的な問題を解決し、失われた資産を債権者に返済したいとのことだ。その返済方法の計画について語った。

まず、その返済を進めるために仮想通貨「ゴックスコイン Gox Coin」を発行し、その発行したトークンを有価証券のような形で、失った資産額に比例したトークンを債権者へと配当する。

その後、債権者がガバナンスを握る財団を設営して、諸問題の解決を図るつもりだと話した。

しかし、どのような規制の下で、この計画を進めるかについては、依然として不明瞭のままであり、この点については同氏も認めている。

続けて同氏は、「GoxRising」プロジェクトの最終的な目標についても語り、それは、取引所マウントゴックスの再ブランド化を図り、CoinbaseやBinanceと張り合えるような仮想通貨取引所を築き上げることだとした。

しかし、このプロジェクトを成功に収めるためには、債権者の半分にあたる1万2000人が、同プロジェクトに参画する必要があるとし、非常に難しいと言えるだろう。

ただ同氏は、仮にそれら取引所との勝敗に敗れるとしても、挑む価値は十分にあると思うと話している。今後のPierce氏の動向に注目だ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

金融安定理事会、仮想通貨に関する「国際包囲網」構築へ|規制面で先行する日本が牽引
主要国の金融監督当局で構成されるFSBは、国際的な連携を整えるため、G20の議長国であり、利用者保護のルール作りで先行する日本が主導で策定に臨む。今秋にはFATFの日本市場審査も控えている。
仮想通貨取引所バイナンス内で、露取引所が20億円相当のイーサリアムを資金洗浄 口座を凍結へ|Mt.Gox事件関与疑惑も
Binanceが93000ETH以上を資金洗浄したと思われる2つの口座を凍結し、規制当局に全面的に協力する意向を示した。凍結された口座はロシアの取引所Wexのもので、以前から原因不明の出金停止で問題視されていた。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら