米SECのビットコインETF審査開始が続々と発表 |トランプ大統領予算案署名による影響

BitwiseのETFが審査開始
米SECの公式声明によると、先月Bitwise社が提出したビットコインETFの申請にかかる審査が正式に始まった。今週、BitwiseおよびVanEckのETF審査カウントダウンがスタート、今後の流れも注目される。

BitwiseのビットコインETF審査カウントダウン開始

米SEC(証券取引委員会)の公式声明(2月11日)によると、先月、米仮想通貨インデックスファンドBitwise Asset Managementと提携デリバティブ取引所NYSEのアーカ(Arca)で申請へ提出したビットコインETFの審査は正式に開始された。

出典:SEC

声明文では、Bitwise社のビットコインETFに対して、「2月11日より、コメントの募集を始める」という。つまり、SECによる正式審査が始まり、最大審査期間【240日】を設けることも考えられる。

昨日、コインポストの速報 で伝えたように、有力視されているVanEck版ビットコインETFの再申請にかかる審査も開始されたが、Bitwise社が提供しようとするビットコインETFはこのように異なる点が挙げられる。

  • VanEck版ETFは、現金決済となるが、Bitwiseでは現物ビットコインで決済する。
  • Bitwiseは規制された第三者カストディサービスへ現物のビットコインを預ける。VanEckの場合は、自社の信託部門で管理する。
  • BitwiseのETFがトラッキングする指数の価格形成は複数の仮想通貨取引所の市場に準拠する。VanEckはOTC基準の自社MVIS指数によるもの。

同ETFの申請は1月に正式にSECへ提出されたが、当時SECなどの規制当局は政府の予算案の不一致による政府閉鎖が原因で、業務が30日間以上中止し、正式に連邦官報にBitwiseの申請を登録させることを遅延させた。

米時間15日、米有力紙WashingtonPost などのメディアの報道によると、現米国大統領は3330億ドルの政府予算案に同意し、署名した。なお、今回の予算は多くの政府省庁がおおよそ今年の9月まで業務の継続を可能にする模様だ。

つまり、ビットコインETFの申請やCFTCの審査にかかっている仮想通貨取引所Bakktには、政府閉鎖による結果判断プロセスを中断される恐れはひとまず解消されたと考えられる。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米SEC、最有力ビットコインETFの再申請審査を開始|仮想通貨市場注目のカウントダウン間も無く始まる
米SECが13日、Cboeが先月最申請を行なったVanEck版のビットコインETFに対する「コメント」の募集を開始し、正式にビットコインETF審査のプロセスが始まろうとしている。
仮想通貨ビットコイン先物や日本円建の短期債権などに連動するETF商品の申請取り下げに
ビットコイン先物や日本円建の短期債権などに連動するETF商品の申請企業が米SECの勧告により、米時間12日に申請を取り下げていたことが判明した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら