『仮想通貨イーサリアム 2.0』シャーディング開発に着手か|3度目の進捗状況を公開

『仮想通貨イーサリアム 2.0』の進捗状況を発表
イーサリアム2.0へ向けた開発状況3回目のリリースを行なった。 今回はフェーズ0だけでなく、「シャーディング」の開発段階であるフェーズ1に着手したことが明らかになった。

イーサリアム2.0への開発状況

イーサリアム2.0の開発の進捗状況が公表された。1月31日以来、毎週その進捗状況は報告されており、今回は第3回目のリリースとなる。

Github上には、以下のように記載されている。

このリリースには、複数の細かな機能の追加や修正、説明、バグ修正などの内容が含まれている。

今回追加された、最も重要な機能は(1)1ETHのデポジットの強制処理機能(リプレイ攻撃を回避するため)と(2)引き出し可能なバリデータのアカウントからの送金を可能とする機能だ(フェーズ2に向け、バリデータにLiquidity機能を提供するため)。

現在のフェーズ1は、開発段階をさすため、項目に挙げられている機能はまだ不安定であり、実利用の開発段階には達していない。

フェーズ0に続き、二つ目のフェーズとなるフェーズ1では、基本的な機能のみを備えた「シャーディング」の開発が行われる。

「シャーディング」を導入すると、ブロックチェーン上のストレージが分割され、トランザクションの並行処理が可能となるため、トランザクションの処理能力の大幅向上が見込まれており、スケーラビリティ問題の解決が期待されている。

以前までのリリースでは、フェーズ0のみの内容となっていたが、今回は一部フェーズ1の開発状況にも言及されており、徐々にではあるが着実に開発が進んでいるようだ。

イーサリアム2.0へ移行するための開発段階として、7つのフェーズが挙げられており、以下がその概要となっている。

出典:GitHub

  • フェーズ0:シャード未実装のビーコン・チェーン
  • フェーズ1:EVM未実装の基本的なシャーディング
  • フェーズ2:EVMのステート移行機能
  • フェーズ3:軽量クライエントステートのプロトコル
  • フェーズ4:クロスシャードのトランザクション
  • フェーズ5:チェーンのセキュリティ強化
  • フェーズ6:指数関数的シャーディング
▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

『仮想通貨イーサリアム 2.0』に「スワップ・オア・ノット機能」を追加|最新進捗状況を公開
2月9日にGitHub上にて、イーサリアム 2.0に向けた開発の進捗状況について公表された。注目点は、新しいシャッフルのアルゴリズムを起用したスワップ・オア・ノット機能の追加である。
『仮想通貨イーサリアム 2.0』の進捗状況を毎週公開へ|最終段階に向けたプロセスをユーザーへ
1月31日にGitHub上にて、イーサリアム 2.0に向けた開発の進捗状況について公表された。1月から毎週、イーサリアムの四段階アップデート「Senerity」に向かっての最新情報が逐一公開される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら