CoinPostで今最も読まれています

米規制当局へ「仮想通貨イーサリアムの意見書」が提出:ETH先物取引がロバストで流動性の高い市場を実現する

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

米CFTCにイーサリアムの意見書が提出
ナスダックやフィデリティ等の巨大金融機関から出資をうけた次世代仮想通貨取引所ErisX社は、米国商品先物取引委員会(CFTC)に対してイーサリアムの仕組みと市場に関する意見書を提出した。これはCFTCからの要請に応えたものであり、「イーサリアム先物取引が規則に則り運用されることで、市場の成長や成熟にプラスの影響を与えるであろう」との積極的な内容となっている。

米CFTCにイーサリアムの意見書が提出

ナスダックやフィデリティ等の巨大金融機関から出資をうけた次世代仮想通貨取引所ErisX社は、米国商品先物取引委員会(CFTC)に対してイーサリアムの仕組みと市場に関する意見書 を提出した。これはCFTCからの要請 に応えたものであり、「イーサリアム先物取引が規則に則り運用されることで、市場の成長や成熟にプラスの影響を与えるであろう」との積極的な内容となっている。

この意見書の中で、

堅牢で透明性のある規制に準拠した市場は、価格発見(取引価格が取引対象の価値を適正にあらわすこと)やリスク移転およびヘッジができるようにするための前提条件(インフラストラクチャー)であり、資本、商品、および市場がグローバルにうまく機能する上での基本的な要素である。

と述べている。

2018年6月、イーサリアムも有価証券ではないと発表された。つまり、イーサリアムは証券取引委員会(SEC)の管理下になる「有価証券」ではなく、商品取引法(CEA)の監視の対象となる「商品」であると宣言されたことになる。

これに関連して同意見書は、CFTCの取り組みにつき、

オープンで、透明で、競争力があり、経済的に健全なデリバティブ取引市場を醸成しつつ詐欺行為、操作、濫用的な扱いを取り締まるという法(商品取引法CEA)の趣旨を全うするものだ

と敬意を表している。その上で、「イーサリアムの先物取引をCFTCによる規制に則った市場に上場し、そこで取引が行われる。この道筋は、そうしたCFTCの取り組みとも整合する」との信念を述べた。

ErisX社は伝統的な先物市場Eris Exchangeのリブートであり、2019年後半に、規制当局の承認が降りるのを待って先物取引とともに、ビットコイン、イーサリアム、そしてライトコインの3通貨の現物取引と先物商品提供を目指している。

イーサリアムを含めた仮想通貨市場〜ボラティリティや流動性の問題

CFTCからの質問として、イーサリアムを法定通貨に安定して交換する上での障害やリスクはなにか、こうした障害やリスクがあることが先物取引委員会の登録者の規制上の考慮事項にどのように影響するかを聞かれ、以下の様に述べている。

(ボラティリティや流動性の変動などの問題は)イーサリアムに固有のものではない。現在の細分化された世界市場での取引プラットフォームの構造および規制上の監督や運用の透明性と完全性の程度が取引所よって大幅に異なるため、悪化している

規則に則ったイーサリアム先物取引への期待、メリット

意見書の中ではイーサリアムとビットコインの概念的な違いについて

ビットコインは、デジタル台帳への記帳という形で価値を記録、移転する手段として設計されたのに対して、イーサリアムは、ほぼクラウドベースのコンピュータのようなものであって、開発者はそこで思う通りのプログラムを実行できる。

イーサリアムはビットコインのアーキテクチャ原理のいくつかを利用して、分散型(仮想通貨経済活動の)セキュアで(ブロックチェーンベースの)トランザクション管理機能を拡張しつつ、 任意のコードを実行するための新しい計算機能を追加している。

ErisX社は、イーサリアムが2015年の発足以来、着実に開発者、大学関係者、政府、営利・非営利組織を含めてコミュニティを拡大しつつあること、ユースケースも増え、市場、取引所での取引や送金の手段としてイーサリアムコインが使用され発展し続けていると評価している。

一方で、暗号通貨やブロックチェーンの分野での技術的な基盤やビジネスでの運用は、エンタープライズレベルに要求されるような基準を満たしきれていないと指摘している。

イーサリアム市場の現状の診断において、規制が明確さを欠くために、規制を準拠している企業がこの分野に参入するのを躊躇し、その結果「規制されていないまたは規制が緩い」取引所やブローカーが優越する状況になり、多くはオフショアで、間隙を埋めるべく活動している。

標準化され、CFTC規制に則った製品が導入されることのメリットとして、意見書の中で以下を主張する。

  • 機関投資家やコマーシャルユーザーを含む多様なプレイヤーによる市場への参画が促される
  • より堅牢で流動的で回復力のある市場が実現される
  • 効率的で、正確な価格発見をもたらし、リスク管理がしやすくなる

報道によると、ErisX社は今月、バークレイズ、YouYube、およびシカゴオプション取引所(CBOE)から3人のベテランを役員として抜擢し、1月にはConsenSysのCEOであるJoseph Lubin氏を取締役に任命した。

規制遵守に前向きで新しい陣容を迎えたErisX社が、イーサリアム先物商品提供を通じて機関投資家を含め様々な市場プレイヤーの参加を促し、市場に活気をもたらすことが期待される。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所ErisXの役員会にイーサリアムの共同創設者が新たに加わる
仮想通貨の現物と先物提供を目指す仮想通貨取引所ErisXが、イーサリアムの共同創設者であるJoseph Lubin氏を役員として新たに迎えたことが、日本時間で18日早朝に米経済紙Forbesによって報じられた。
次世代仮想通貨取引所「ErisX」にナスダックやフィデリティ等の巨大金融機関が出資|ビットコインなど3通貨の現物と先物を予定
新たな仮想通貨取引所ErisXがシリーズB投資ラウンドを完了し、総額31億円分の資金をナスダック、フィデリティ等の大手企業21社から調達した事を発表した。米CFTCの認可次第でビットコイン、イーサリアム、ライトコインの現物と先物取引を開始する予定。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア