ロシア最高裁、「仮想通貨」を利用したマネーロンダリングを規制する改正法を施行

露最高裁:マネーロンダリング関連法を改正
地元メディア「Pravo」によると、露最高裁は、仮想通貨を利用した違法行為(資金洗浄)についての条項を新たに定めた。改正法施行により、犯罪目的で利用された仮想通貨は資金洗浄された資金とみなし、違法行為として取り扱われる。

露最高裁:マネーロンダリング関連法を改正

地元メディア「Pravo」によると、1月26日にロシア最高裁判所は、マネーロンダリング関連法を改正し、仮想通貨を利用した違法行為(資金洗浄)についての条項を新たに定めたとのことだ。

今回改正された法案は、2015年7月にアンチマネーロンダリング(AML)に関して定めたもので、その対象は、主に犯罪目的で利用される資産としている。

裁判官のAlexander Chervotkin氏は、過去にドラッグ密売人らが、仮想通貨を法定通貨へと換金した事例を引き合いに、以下のように語っている。

この法案が施行されたものの、それ以降ここ三年で、仮想通貨は犯罪者に広く用いられるようになっている。

こうした新たな技術についても、しっかりと考慮された刑法が必要だ。

このように、資金洗浄の手段として仮想通貨を利用する例が横行していたため、今回新たに法令が改正された格好だ。

改正法が施行されたことで、犯罪目的で利用された仮想通貨は資金洗浄された資金であるとみなし、違法行為として取り扱われる。

しかし、現在ロシア政府が「仮想通貨」を定義してないということもあり、「仮想通貨」の法的定義は行われていない。

また、仮想通貨から法定通貨へと換金する行為は犯罪行為ではないため、取締りを行うためには、まず犯罪手段として仮想通貨を取得したかどうかを立証する必要があるとのことだ。

最近のロシアの動き

ロシアは現在、仮想通貨に高い関心を寄せているとされ、石油に裏付けられた仮想通貨の発行を提案していると、現地メディアの「Prime 」が伝えている。

この案を起草した、元ロシア連邦エネルギー省大臣のIgor Yusufovは、「貿易や財務制約を回避することや、アメリカドルとペッグされた’ペトロダラー’に依らずに石油、天然ガスの輸出量を増加することが目的だ」としている。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

「ロシア政府はビットコイン購入を計画していない」連邦議会下院の議長が公式声明|露首相や下院議員も仮想通貨や資金管理について言及
ロシア連邦議会下院の議長であるElina Sidorenko議員が、最近話題となっていたロシア政府のビットコインへ参入する構想に関する憶測を否定したことが判明した。またメドベージェフ首相も仮想通貨に関してコメントを残している。
ロシア政府、米経済制裁を受け1兆円相当の予算を仮想通貨ビットコインに投じる構想|露大学教授が明かす
ロシア政府はアメリカ政府からの断続的な経済制裁を受け、2月に約1兆円をビットコインへの分散化する事を検討している事が露経済学者の話で判明した。50兆円の予算を有するロシアは2月から1兆円分のBTC購入を検討している様だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら