仮想通貨XRP(リップル)の取引数がAmazon株を上回り全資産中5位に、ビットコインは9位|eToroデータ

XRPのeToro取引数が全資産中5位に
200ヶ国に300万ユーザーを抱える総合投資商品プラットフォーム「eToro」が公表した最新データで、XRPの取引数が時価総額90兆円のAmazon株を超えるなど、欧米での仮想通貨人気が明らかになった。

XRPのeToro取引数が全資産中5位に

世界最大級の投資プラットフォームeToroは26日、1000万ユーザーが利用するアプリにおける、1月度の「取引数ランキング」を公表した。

順位は、以下のようになる。

  1. 原油:35,503回
  2. ゴールド:32,484回
  3. Apple株:31,767回
  4. NASDAQ100:31,683回
  5. XRP(リップル):29,991回
  6. Amazon株:28,306回
  7. イーサリアム(ETH):26,773回
  8. 天然ガス:25,463回
  9. ビットコイン(BTC):25,148回

最新のデータでは、仮想通貨XRPの取引数がAmazon株を超え、アプリ内で取引可能な「全資産中5位」にランクインした。

米アマゾン・ドット・コムの時価総額は今年1月、約8,000億ドル(90兆円)に達し、米マイクロソフトを抜いて世界首位に浮上。最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏も、約1年前から世界長者番付1位になるなど、多方面で話題になっていた。

これに対して仮想通貨の時価総額(2月末時点)は、ビットコインが7.5兆円、イーサリアムが1.6兆円、リップルが1.4兆円となっており、今回公表されたデータで、時価総額10倍近くの米Apple株や米Amazon株に匹敵する、欧米における仮想通貨人気とXRP需要の高さが明らかになったと言えるだろう。

出典:coinmarketcap

eToroとは

eToroは、仮想通貨に限らず株式や為替、コモディティなど、多岐にわたる投資商品のプラットフォームを提供しており、200ヶ国に300万ユーザーを抱える総合投資商品プラットフォームだ。有名トレーダーのミラートレードを行うことができる「CopyFund」が好評を博すなど、独自のサービスも展開する。

以前公開された、2017年3月から2018年2月までの調査結果では、投資初心者の比率が全体の約82%に上り、XRP利用者の女性比率は、他の通貨に比べて高い8.5%に及ぶことが判明している。

現時点で日本では利用できないものの、昨年8月には、eToroにXRP/JPY(日本円)、XRP/GBP(英ポンド)の法定通貨ペアが新たに追加されたことが明らかになった。

CoinPostの関連記事

大手仮想通貨取引所間で5億XRP(リップル)にも及ぶ大量送金が確認 一体なにが?
大口の送金状況をブロックチェーンのデータから追跡するBOT「Whale Alert」の報告で、BittrexとUpbit間で大量のXRP(リップル)とXLM(ステラ)の送金が行われていたことがわかった。各通貨共に、1千万単位の送金が数十回に渡って行われた。一体何が行われたのか、周辺状況を探った。
世界最大級投資仲介プラットフォームeToroに仮想通貨バイナンスコインが上場|初の法定通貨取引が可能に
仮想通貨取引所バイナンスの独自ERC20トークンであるバイナンスコインが大手SNSトレードプラットフォーム、eToroに上場する事が発表され、初の法定通貨との取引ペア実現となった。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック