「ビットコインをスタバで」実現は2020年頃? 仮想通貨決済導入に向けて開発に着手か|The Blockが報道

スターバックス仮想通貨決済導入は2020年頃か
世界中でコーヒーチェーン店を展開するスターバックスが、仮想通貨決済に係る開発を行なっているとする報道が、The Blockから行われた。最短で2020年までに仮想通貨決済導入を行う可能性があると、関係者筋の話で明らかにした。

スターバックス、仮想通貨決済を導入か

スターバックス社が、仮想通貨決済でスターバックス商品の購入を可能にするため、仮想通貨決済に係る開発を行なっている。とThe Blockが報じた。

今回の報道は、匿名筋の報道であるとしている点から公式見解ではないが、機関投資家向けにビットコイン先物取引の提供が期待されるBakktに、スターバックス社も出資している事実報道に続くものであり、海外コミュニティで大きく取り上げられている。

Bakktとは

Bakktは昨年8月、ニューヨーク証券取引所を手がけるインタコンチネンタル取引所(ICE)が親会社として手がける機関投資家向けの仮想通貨事業で、マイクロソフトやスターバックス、BCGなどの大手企業からの出資と提携を受けた事が発表される。

名門企業が仮想通貨に出資した点や、親会社のインターコンチネンタル取引所が既に米政府の規制機関から認可されている点から、機関投資家の仮想通貨業界参入を促すことが期待されている。

今回の報じられた内容は、「スターバックス社が、仮想通貨決済を最短18ヶ月で導入する。」としたもので、仮想通貨から法定通貨に換金を行うカードやスターバックスのモバイルアプリとの連動などが考えられるという。

また、Bakktに対する具体的なエクイティ投資の比率はこれまで明かされていないが、大手企業の中でも、スターバックス社が保有するBakktの資本比率は、多い点を報じた。

つまり、多大なブランド力を誇る人気企業であるスターバックスが、仮想通貨という新たな分野を開拓するBakktの株式を多く保有することで、関心の高さを示しているようだ。

Bakktは、ビットコインの先物取引の提供で注目を集めているが、先物の提供は「第1フェーズ」の達成目標であり、第2フェーズには仮想通貨での決済サービスの導入を掲げている。ここにスターバック社が大きく関わってくると見ている。

なお、昨年の公式プレスリリースでは、スターバックス社がBakktの仮想通貨決済事業における開発を担当することは発表されていたが、具体的な詳細は一切明かされていなかった。

Bakktの親会社インタコンチネンタル取引所(ICE)は、米政府から認定されている金融機関であるが、Bakktのビットコイン先物取引に当たり、デリバティブの提供という観点で、CFTC(商品先物取引委員会)からの認定が必要な状況にある。

当初は、ビットコイン先物取引の提供を昨年12月から開始するとの予定を明らかにしていたが、米政府の1ヶ月以上に及んだ政府閉鎖の影響で開始が延期、その後も開始目処が明確には立っていない状況にある。

なお、参考情報としては、米大手の仮想通貨商業銀行のCEOで著名投資家であるマイケル・ノボグラッツ氏が、Bakktは「3月頃に始動するだろう」と発言している。(2019年2月)

機関投資家マネーといった観点からビットコインの先物取引商品の提供が注目されがちだが、2000万人のアクティブユーザー(一般)を誇るスターバックスのアプリ上で、仮想通貨での決済が可能となれば認知度の向上や、決済普及に繋がる大きな事例となる。

また、スターバックスやマイクロソフトなどの大手企業が仮想通貨を採用していること自体が、仮想通貨のイメージ向上にもいい影響を及ぼすことは間違いない。

引き続きBakktのビットコイン先物取引だけではなく、仮想通貨決済に係る導入事例の発展にも注目したい。

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら