CoinPostで今最も読まれています

再起を図るビットメイン、仮想通貨マイニングの性能を大幅向上した次世代ASICの発売日を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Bitmain、次世代Antminer S17シリーズの発売日を発表
Bitmainが次世代Antminer S17シリーズの4月9日発売を発表した。新シリーズではハッシュレートやエネルギー効率が向上、旧世代のチップと比較して28.6%の電力効率改善を提供するとしている。

Bitmain、次世代Antminer S17シリーズの発売日を発表

仮想通貨マイニングマシン製造最大手Bitmainが29日、ビットコインやビットコインキャッシュに用いられるハッシュ関数SHA256に対応した次世代「Antminer S17」シリーズの発売日を公式ブログで発表した。

発売日については来月の4月9日を予定。今回発売されるシリーズには、Antminer S17 Pro、Antminer S17、およびAntminer T17の3種類のマシンが含まれる。

そして、それら新シリーズの主な特徴として、BitmainのプロダクトマネージャーYangxin氏は、以下の2点を挙げた。

  • 旧世代のチップと比較してのパフォーマンス向上とそれに伴うエネルギー効率の改善。
  • 個体ごとのハッシュレートの向上。それにより単位空間あたりのハッシュレート密度が上がりマイニングファームの低コスト展開が可能に。

また、新シリーズに搭載される新しく改良された第2世代7nm ASIC BM1397マイニングチップは、旧世代の7nmチップであるBM1391と比較して、28.6%の電力効率の改善を提供するとしている。

プロダクトマネージャー、今後の開発に関する見解

今回の新シリーズのプロダクトマネージャーであるYangxin氏は、10年以上に渡りIC設計の分野を専門としてきた人物で、現在はシステム設計とマシン生産や納入を管理する。

同氏は、今後の開発について以下のように述べている。

技術的な観点からみると、テクノロジーの発展に終わりはない。しかし、短期的な視点では、物理的制約から今回の7nmチップを超える次世代マイナー開発の推進力は弱まるだろう。

TSMC(台湾の半導体企業)がすでに5nmチップの製造工程に入っていることは有望だが、その応用については我々はまだ初期の段階だ。

次世代の半導体プロセスに基づいて新たなマイナーを開発するには時間とより多くの投資、研究開発が必要になる。この分野の急速な発展を考慮しても、近い将来では性能と経済性の観点から7nmが最も好まれることとなるだろう。

弱気相場から撤退する業者も多く厳しい現状となっているマイニング業であるが、業界最大手であるBitmainも人員削減やIPOの申請失効などその例外ではない。

しかし、Bitmainは先日、新たしいCEOを任命した他、販売業績も回復しつつあることを公式の社内報で伝えた。なお、近い将来、再びIPOの申請を行う計画にも言及し、前向きな事業方向性を見せている。

2020年5月に想定されるビットコインの半減期も近づいている中、今回の新シリーズ発売が起爆剤となるか。今後の動向に注目していきたい。

なお、このマシン登場によりハッシュレートに大きな変化が起こる可能性も十分に考えられる。今後のマイナーのシェア分布に変化がでてくるか、注目が集まるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨採掘大手Bitmain、IPOの失敗認める 新たなCEOで新経営体制
ビットメインは26日、香港株式市場へのIPO申請が失敗に終わった事をHP上で報告した。今回のIPO申請を前向きに捉え、再申請の意向を示したほか、新経営体制など、業界の活性化に前向きな動きとなった
仮想通貨採掘大手Bitmain、上場審査期限が目前に  審査難航の背景には
「IT企業史上最大のIPO(Initial Public Offering)案件になる」と注目されていた仮想通貨マイニング最大手Bitmain社の上場審査が、承認を得られないまま期限切れを迎える可能性が高まっている。その背景とは?
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア