2019年の仮想通貨・ブロックチェーン企業へのVC出資、すでに昨年を大幅に上回る

勢い増すVCからの出資
今年以降、ベンチャーキャピタルが仮想通貨・ブロックチェーン関連スタートアップに出資した金額が、すでに950億円を超えている。PayPalや三菱UFJグループなど大企業からの出資も目立つ。

勢い増すVCからの出資

今年に入り、ベンチャーキャピタルが仮想通貨・ブロックチェーン関連スタートアップに出資した金額が、既に8億5000万ドル(約950億円)を超えていることをロイターが報じた。これは2018年を通した仮想通貨・ブロックチェーン企業への投資額24億ドル(約2685億円)を上回る勢いだ。

さらに特筆すべきは、去年の投資件数が117だったことに対して、今現在の投資件数が13という点だ。

下図は、ベンチャーキャピタルによる世界中の仮想通貨・ブロックチェーン関連スタートアップへの全投資額の推移を表す。

出典:Reuters

このPitchBookのデータを見ると、その勢いは一目瞭然だ。

コインポストでも度々報じているように、今年に入り、以下のようにスタートアップへの出資に関するニュースはかなり多い。

XRPの「匿名送金」実現なるか リップル社投資機関が匿名技術を提供する仮想通貨企業へ出資
リップル社の投資機関が匿名技術を提供する企業へ出資を行なった。XRPやXRPレジャーの普及を前提とした投資機関ということもあり、XRPの送金利用の汎用性拡大が見込まれる重要な動きとなる可能性もある。これまでの動きから、重要性を考察。
三菱UFJグループが米仮想通貨企業へ出資 公式文書で公表
三菱UFJなどから資金調達した、米ブロックチェーン調査会社チェイナリシス社は、世界中の法執行機関、規制当局に情報提供する。アジア太平洋地域での事業展開の拡大ならびに同地域でのオフィス開設を検討している。
米決済大手PayPal、ブロックチェーン企業に初の出資へ|iPhoneメーカーなどからも高い期待感
PayPalは初めてブロックチェーン分野で事業を展開する企業へ出資を行なった。「Cambridge社がデジタルID分野に実際ブロックチェーン技術を応用しており、PayPalのような金融機関にも適用すると目論んでいるからだ。」と、出資への高い期待感を示している。

出資企業の中には、PayPalや三菱UFJグループなど大企業からの出資も目立つ。仮想通貨、ブロックチェーン技術への関心は、着々と高まっていると言えるだろう。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら