マネックス決算、仮想通貨取引所コインチェックの4Q連結損益は5.6億円と大幅減|米仮想通貨事業は7月開始を目処

コインチェックの4Q連結損益は5.6億円の損失
マネックスグループが25日に決算を発表。子会社の仮想通貨取引所コインチェックの4Q連結損益は5.6億円の損失となった。米国での仮想通貨事業については、7月開始を目処とした。

コインチェックの4Q連結損益は5.6億円の損失

マネックスグループが25日に発表した決算資料によれば、グループ入りした仮想通貨取引所コインチェックの4Q連結損益は5.6億円の損失。19年3月期の連結利益は、前期比79.3%減の17.9億円に落ち込んだ。

出典:マネックス決算資料

コインチェックは今年1月に、金融庁から資金決済法に基づく業登録されたが、内部管理体制強化のためのコストが嵩んだほか、仮想通貨の価格低迷で収益が減少したことが原因だと思われる。

決算資料では、「ビットコインの価格に連動し、利用者の預かり資産が減少」したことを要因の一つとしている。

出典:マネックス決算資料

今後の事業戦略

マネックスの松本CEOは決算説明会で、傘下の「トレードステーションクリプト」の事業展開にについて言及。「当局との兼ね合いもあるが、7月に始められると思う」などと述べた。

また決算資料では、今後の展開として、マネックス証券とCoincheckの間に、顧客接点を複数展開するとしている。

出典:マネックス決算資料

「Cheeese(チーズ)」は、アンケートに回答するだけで、簡単にBitcoin(ビットコイン)をもらうことができるサービスだ。「ビットコインが欲しいけど、買うのは怖い」「まずは手軽にビットコインを持ってみたい。」という需要を満たすためのサービスとなる。

出典:マネックス決算資料

マネックス仮想通貨研究所』は、金融セクターのアナリストでもある所長である大槻奈那氏や所員による仮想通貨の相場展望や世界の業界動向など、ユニークなコンテンツを配信するウェブサイトだ。

強みとして、若年層を中心とした潜在力のある顧客基盤を有することを挙げ、以下のように述べた。

グループ内の相互送客では、コインチェックの175万口座とマネックスの182万口座を活かし、以下のマーケティング施策を掲げると強調した。

  1. 顧客のリテラシー向上のためのコンテンツ提供
  2. 入会から初回取引までのプロセス改善
  3. グループ内連携

4月以降のビットコイン高騰に伴い、アルトコインを含む仮想通貨市場の市況感は、4Q(1-3月期)と比較して大幅に改善傾向にある。マネックスグループの株価は、前場引け後(11:40)決算を受けて一時352円まで下落したものの、終値では368円まで持ち直して引けていることから、投資家の期待感も垣間見える。

国内仮想通貨交換業者のシンボルである、コインチェックの復活が切望されている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック