CoinPostで今最も読まれています

ビットコインがETFとなる可能性とその影響

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

まず初めに、今までビットコインを取引していたのは個人投資家であり、機関投資家の存在はほとんどありませんでした。

しかし、このビットコインETFという金融商品になることで彼らでも取引できるようになるのです。

目次
  1. ETFとは
  2. 機関投資家とビットコインの関係
  3. ETFへの道のり
  4. ETFの資産規模
  5. まとめ

ETFとは

Exchange Traded Fundの略であり、証券取引所に上場している投資信託のことです。

証券取引所を通して誰でも取引できるようになっているため、株と同じように取引所がオープンしている時間は取引可能です。

誰でも取引ができるということで、個人投資家だけではなく、機関投資家も投資することができる金融商品です。

種類も豊富で株式、金、原油など世界中の色々な資産に投資できます。

また、今あるビットコインに連動するビットコインETFは、ビットコインの値動きとほとんど同じ動きをするように運用されます。

投資家はそのETFが連動する指標が組み込まれている株式をパッケージにしたような受益証券というものを取引し、この証券は株式と同じように証券会社を通じて取引できるのです。

手数料に関しても株式投資のように安く、売買がシンプルであるメリットもあります。

機関投資家とビットコインの関係

機関投資家には義務があります。

その義務とは資金提供者・受益者の利益を第一に考え、彼らの顧客と向き合い、細かな情報を共有し、利益に適う金融商品やサービスを提供することです。

そのため、価値がついてはいるものの誰に管理されているのかどこが発行しているのかわからないビットコインを取り扱うことに一歩踏み出すことができませんでした。

また、このビットコインは信頼性があり、伝統的な取引所には上場されていないこともその一因のひとつにあるでしょう。

仮想通貨の仕組み【初心者向け図解】暗号技術と問題点について
仮想通貨を支えるブロックチェーン技術について解説図を用いて簡単に、仮想通貨がはじめての人でもわかりやすく解説します。暗号技術・ハッシュ・P2Pなどが主要なキーワードになります。

そこでビットコインをETFという取引所で取引される投資信託に申請し、承認されれば、彼らが信頼を置いている取引所で取り扱われるようになり、売り買いできるようになります。

ETFにしようという動きは以前からありました。

ETFへの道のり

その一つにフェイスブックの設立に携わり、創業者のマーク・ザッカーバーグ氏と制作をめぐり裁判を起こす一連の内容の映画「ソーシャルネットワーク」で有名なウィンクルボス兄弟がいます。

彼らはその裁判で受け取った示談金6500万ドルを元に立ち上げたWinklevoss Bitcoin Trust社はビットコイン事業に参入し、彼らがBitcoin ETF米国証券取引委員会(SEC)に認可の申請を行いました。

結果としては承認見送りとなってしまい、否決されました。

他にもSolidX Pertners(ブロックチェーンの会社)の申請は否決、Grayscale Investments(仮想通貨の投資会社)も申請中です。

また、カナダの企業Evolve FundがカナダでビットコインのETFを申請しています。

この企業は他にもサイバーセキュリティETF、自動車イノベーションETFを取り扱っています。

カナダの仮想通貨事情はアメリカの規制等に比べるとICOなどに対しても柔軟です。

そのため、世界初のビットコインETFが誕生する可能性は現状のアメリカよりも高いのかもしれません。

そして、先日、世界最大として知られているアメリカのシカゴオプション取引所がETFではなく、ビットコインの先物2018年初めに上場を目指すと発表しました。

これを受け、証券取引所を運営する同国のCMEグループ年末までビットコイン先物を上場する計画であると発表しました。

つまり、ビットコインがアメリカの連邦政府によって監視された伝統的な取引所で取り扱いされることになり、ビットコインETFの実現に向けて大きな後押しとなります。

さらにこの発表を受けて、老舗の運用会社VanEckがVanEck Vectors Bitcoin Strategy ETFを申請し、ETF.comのCEOはETFが年内にも承認されるだろうと予測しています。

これが実現すれば、イーサリアムリップルなどの仮想通貨がETFとして市場に取り扱われる可能性も十分にあり得まますので、このETF申請の動きは仮想通貨界にとっても非常に大きな意味を持つことになります。

ETFの資産規模

現在のアメリカのETF資産総額3兆ドル(約340兆円弱)を超えています。その中で通貨のETFの割合は2%ほどあり、約600億ドル(約7兆円)あります。その中にビットコインETFが投資先の一つに加わる可能性があるのです。そうなれば、機関投資家の莫大な運用資産の流入も見込め、市場が今まで以上に活性化することが期待されます。

まとめ

このようにETFビットコインが誕生する日がとても近いように思えます。

誕生すれば、ビットコインの価格は上昇するのではないかと推測されています。

先物が上場するというニュースを受けてビットコインの価格は80万円近くまで上昇し、最高値を更新しています。

ビットコインが新しい形として、市場で取引されるようになることで、ビットコインの認識・価値も変わることは間違いないでしょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア