仮想通貨(暗号資産)取引所の偽装取引高を是正する「信頼スコア」|CoinGeckoからの提案

暗号資産取引所の偽装取引高を是正する「信頼スコア」
CoinGeckoが仮想通貨取引所ランキングに変更を加えた。取引高とアクセス状況に乖離が見られた場合、Trust Scoreを基に取引高の正常化修正を加え、取引高の偽装行為に歯止めをかける。

暗号資産取引所の偽装取引高を是正する「信頼スコア」

CoinGeckoは、5月13日より、暗号通貨(仮想通貨/暗号資産)取引所のランキングの表示方法に変更を加えました。

各取引所から申告されている24時間の取引高による分類の代わりに、インターネット上のアクセス数とオーダーブック分析の組み合わせに基づく「正常化取引高」と「信頼スコア」(Trust Score)をベースにしたものです。この変更はCoinGecko上の取引所、そしてコインのページで統一して反映されます。

それぞれの取引所の取引高は、SimilarWebのトラフィック分析と、Bitwise10 real-volume認定の取引所の取引高の中央値を用い正規化されます。

オーダーブックの厚み分析では、売り/買いのスプレッドとオーダーブックを2%動かすのに必要な金額を測ります。正常化された取引高と組み合わせることにより、これらの数値は取引所の全ての取引ペアにおいて、より正確な流動性の概観を提供します。「取引所の申告取引高は、悪質な取引所により現在最も悪用されている指標の一つです。

CoinGeckoの「信頼スコア」の導入により、取引高の偽装行為に歯止めをかけ、取引所の実際の流動性を測ることが出来るようになることを期待しています。

暗号通貨ユーザーは、正確なデータにアクセスできて当然であるべきですし、暗号通貨データアグリゲーターのリーダーとしてCoinGeckoは業界内の透明性を向上させていく責任があると思っています。(Bobby Ong:CoinGecko共同創業者)

「信頼スコア」は、暗号通貨業界の透明性を向上させるための、CoinGeckoの複数アプローチの一つ目のステップです。取引所のデータ分析を実装する最初のデータアグリゲーターとして、CoinGeckoは取引所によるデータの偽装や架空な申告は、これ以上許容されないという姿勢を示していきます。

また、今後数ヶ月中に、CoinGeckoでは追加の数値を導入することにより取引所の「信頼スコア」をさらに改善していきます。トレード履歴分析、ホット/コールドウォレット分析、サイバーセキュリティ分析、ソーシャルメディアデータ、ユーザーレビュー、APIクオリティ査定、などが段階的に導入されていく予定です。

インタビュー内容

CoinGeckoJapanの方に、CoinPostでインタビューさせて頂きました。

取引所の出来高水増し対応では業界全体の取り組みが必要になりますが、他の仮想通貨情報サイトで似たような取り組みをしている所はありますか?
CoinGecko Japan

(米仮想通貨分析企業)Messariは、以前からBitwiseレポートに基づく10の架空申告をしていない取引所の取引高のみ追跡する、というのをやっていますね。ただこれだと、TOP10以外の取引所の実際の実力値がどれくらいか、というのはわからない。

今回のCGの指標は、アクセスやオーダーブック解析から、すべての取引所に対して、「実力値、実際の取引高がどれくらいであるか」という推定値や、取引所がどれくらい信頼できるかを測るスコアを出しているのが画期的な部分かと思います。

現在の項目は、「SimilarWebのトラフィック分析、Bitwise10 real-volume認定の取引所の取引高の中央値、オーダーブックの厚み分析」今後追加導入されていく予定の「トレード履歴分析、ホット/コールドウォレット分析、サイバーセキュリティ分析、ソーシャルメディアデータ、ユーザーレビュー、APIクオリティ査定」があります。

他の項目で検討されていたデータはありますでしょうか?
CoinGecko Japan

もしそれらの指標がAbuse(不正使用)されたりすれば、運用しながら随時改善していくことになる。

あとは日本を絡めて面白いこと。日本は世界でほぼ唯一規制された市場なので、ここをベンチマークに各国の取引所の実力値の算定、などに関しても一部議論がありました。日本からのデータというのは価値がある。

追加で情報共有なんですが、新しいトラストスコアベースで、各コインごとの取引所のランキングを出してるのですが(CoinGecko Real Liquidity Rankingみたいな感じですね)、XRPだとbitbankは世界でもシェア1位〜3位をウロウロしてる感じで日本の取引所、実はまだそこそこ実力あるんじゃないのか、といindicationにはなりますね。

CoinMarketCap(CMC)だとFake Volume(取引高の偽装行為)が多すぎて、日本の取引所は全然存在感ないんですが。

CoinGeckoについて

CoinGeckoは暗号通貨市場の360度概観情報の提供を目指しています。

コインの価格の追跡に加え、取引高やネットワークの価値、他にもより基礎的なコミュニティの成長、オープンソースコード開発、イベントやオンチェーン上の数値も集めています。CoinGeckoの目的は市場を動かす最も重要なファクターに関する市場参加者の理解を高めることです。

CoinGeckoは2014年から稼働する、最も歴史が長く、最大の暗号通貨データアグリゲーターの一つで、現在4500以上のコインと、300以上の取引所を追跡しています。より詳細な情報は、https://www.coingecko.com/jaを参照してください。

プレスに関する問い合わせ先

Sze Jin Teh(CoinGecko マーケティングマネージャー)

jin@coingecko.com

関連情報


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら