国内大手取引所bitFlyer、仮想通貨ビットコインの自己売買を開示|不公正取引は否定

国内大手取引所bitFlyerで仮想通貨「ビットコイン」の自己売買を開示
bitFlyerは29日、流動性の供給を目的とした「自己売買」を行なっていたことを報告した。有価証券において、金商法で規制されるフロントランニングなどの不公正取引はないとしている。

国内大手取引所bitFlyerで仮想通貨「ビットコイン」の自己売買を開示

国内大手取引所bitFlyerは29日、流動性の供給を目的とした「自己売買」を行なっていたことを報告した。

これに伴い、過去100日分の履歴を閲覧可能な「取引レポート」の項目に「自己・媒介」を追加。利用者の取引のうち、取引相手がbitFlyerになる場合は、「自己」が表示される。

bitFlyerはこの件に関して、収益目的のものではなく、自己注文の優先処理やフロントランニング(注文情報を受けた業者が、利用客の注文より前に自分の注文を出す行為)などの不公正行為はないと強調している。

同社は2018年6月22日、金融庁の立入検査で、顧客への実施が義務付けられる本人確認プロセスに不備があったとして「業務改善命令」を受け、内部管理体制強化が整うまで新規顧客の受け入れを自主的に停止すると発表していた。

業務改善命令の解除を目指す中で、今回の件に関して金融庁の開示指導が入った可能性もある。

CoinPostの関連記事

仮想通貨市場で超高速アルゴ取引「フラッシュ・ボーイズ」が横行か|数十億円規模に上る可能性も
米名門大学Cornellなどの最新論文で、超高速アルゴ取引(HFT:ハイフリークエンシートレーディング)が、一部の分散型仮想通貨取引所(DEX)で横行している実態を明らかになった。
仮想通貨の分散型取引所(DEX)に潜むリスク|フロントランニングとは
仮想通貨市場における次世代型の分散型取引所(DEX)に潜むリスク「フロントランニング」について。オークション方式や暗号技術によってフロントランニングに対処する方法も考案されている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら