CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所Bittrex、ユーロ建の通貨ペアを今夏に追加|米市場との明暗が浮き彫りに

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Bittrexのユーロ拡大、その意味合い
仮想通貨取引所Bittrexは今夏にユーロ建て取引を開始すると正式発表した。米国市場における規制や過度に厳格なコンプライアンス、ライバル企業との競争激化など、その背景を考察。

Bittrexのユーロ拡大、その意味合い

多くのアルトコインを取り扱う米国本拠地の仮想通貨取引所Bittrexは13日、「今夏、ユーロ建の通貨ペアを開始する」と発表した。

なお、米ドル市場の取引手数料の引き下げも同時に公表された。

今回のユーロ通貨ペア発表では、具体的な開始日程やユーロで取引可能な通貨ペアなどは明らかになっていないものの、Bittrexのユーロ市場の開拓に力を入れる姿勢がうかがえる。

Bittrexによるユーロ市場の開拓は、米ドル市場における不明確な規制環境や、BittrexがNY州発行の仮想通貨関連業者ライセンス(ビットライセンス)の取得に失敗したこと、さらにはCoinbaseのような米大手取引所がユーロ市場へ事業拡大している背景があると考えられる。

Bittrexの思惑は

Bittrexは月曜日10日に、6月21日から米国ユーザーを対象に、ファクトム(コインチェック銘柄)やQtumを含むアルトコイン30銘柄の取引を今月21日で停止することを発表した。21日以降は対象銘柄が米国のユーザーのみ取引不可能となる。

なお21日以降もBittrexが対象銘柄をサポートしている限り、同取引所内で保有を継続することができ、引き出しをすることもできる。また、米国以外のユーザーは、引き続き対象の取引ペアにアクセス可能だという。

米国では現在、SEC(証券取引委員会)がカナダのメッセンジャー企業Kik社がに対して、KinトークのICOを未登録の有価証券販売とみなしながら告訴している。明確な仮想通貨関連法律が欠如する米市場において、Bittrexは自己判断で有価証券の性質が高い仮想通貨へのアクセスを米ユーザーからブロックすることに至ったと考えられる。

また、今年の4月、同取引所は「ビットライセンス」の申請を却下された。

ニューヨーク州の金融サービス局(DFS)は、Bittrexの「AML(アンチマネーロンダリング)法に対するコンプライアンスの欠如」や、「仮想通貨上場やプロダクトの実施に関わるデューディリジェンスとコントロール不足」などの規制・法律遵守問題を審査落ちの主な理由に挙げた。

この指摘に対して、Bittrex側は「仮にDFSが提案した『監視協定』に承諾すれば、ビットコイン、ビットコインキャッシュ(ABC)、ビットコインSV、ライトコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ステラ(XLM)、カルダノ(ADA)XRP(リップル)、ドージコインとの10通貨しか提供できなくなる。」と、多くの通貨を取り扱うことができなくなるほどの厳しい審査基準だと反論した。

Bittrexは、米NY以外の州でもサービスを提供しているが、ビットライセンスが現時点ではいわば仮想通貨事業の基準となる法的承認とされているため、SECの不透明な取り締まりに加えて、Bittrexは制限された米市場以外のマーケットへと展開せざるを得ない背景も一因にあると言えるだろう。

さらに、CoinbaseやKrakenといった米大手取引所は、すでにユーロ建ての取引を提供しており、特にCoinbaseはイギリス支社を通して、Visaとの提携で仮想通貨デビットカード「Coinbase Card」を新たに欧州の6ヵ国(4月にはUKでの初発行)における発行・利用を可能にしている。対応する法定通貨は英ポンドとユーロである。

ライバル企業であるCoinbaseなどとの競争もBittrexがユーロ市場へ進出すると仕向けたと考えられる。

欧州市場は米市場と異なり、仮想通貨取引所などに対する規制が寛容的かつ先進的であるため、今後もより多くの取引所が欧州に重点を置く事例が見られるだろう。

CoinPostの関連記事

コインベースが発行する仮想通貨VISAカード、欧州6ヵ国の利用を追加
米最大手Coinbaseが4月よりUKで発行するビザデビットカード「Coinbase Card」が、新たに欧州6ヵ国で利用可能になったと発表した。Coinbase UKのCEOは、カードの発行と利用に対する需要が高いと言及している。
米Bittrex、同国ユーザー対象にアルトコイン30銘柄を取引停止|有価証券問題が要因か
米国の大手仮想通貨取引所Bittrexが、コインチェックにも上場しているファクトムなどアルトコイン30銘柄の取引を停止する方針を発表した。仮想通貨の有価証券問題が与える影響を考察。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧