ビットコイン価格に先行?1億ドル相当のUSDTが新規発行 その相関性とは|仮想通貨朝市況

仮想通貨朝市況

●ビットコイン100万円維持できず 最新市況

●仮想通貨時価総額は30兆円に回復

●1億ドル相当のUSDTが新規発行、価格との相関性とは?

仮想通貨朝市況

1年1ヶ月ぶりに大台「100万円」に達したビットコインは、一時102万円まで高騰するも維持できず、17日には再び98万円台へと反落した。ビットコインのハッシュレートも過去最高値を更新したほか、アクティブユーザーアドレスが100万に達するなど、BTC派生指標に好材料が続いたが、高値圏を維持できないと見ると上値が重くなり、価格が乱高下した。

市場内資金の動きでは、100万円を試しに行く際、ビットコインに資金流入が集中。達成後には主要アルトコインにも買いが波及したが、BTC100万円台の維持が難しいとみると、ビットコインの反落に同調する動きが見られた。100万円の大台突破で、急騰に伴う買いムードに期待する買いが一時的に集まったものと見られる。

17日のビットコインドミナンスは、再び直近高値の58%にあと一歩に迫る57%まで上昇しており、ビットコインとアルトコイン間の市場内資金流入の注目ポイントも近く、これもアルトに買いが集まった要因と見られる。前回は58%に到達(5月13日)後に主要アルトへの流入が相次いでいるほか、58%〜62%のBTCドミナンスは、2017年1月以降(BTCドミナンスが崩れて以降)3度頭打ちをしているラインでもあり、今後再び注目される可能性は高い。

出典:CoinMarketCap

また市場全体の時価総額推移は、17日時点で2820億USD(30兆円)に到達。2018年8月以来の高水準で、年初水準1275億ドル(13.7兆円)から2.2倍水準となっている。今回の上昇では約170億ドル(1.8兆円)相当の時価総額増を記録している。

ビットコインは、100万円の明確な突破のほか、現在の主要通貨ペア(USD系ステーブルコインも含め)で主流となる米ドルの1万ドル(108万円付近)と大きな節目が続く。すでに米国のメディアやアナリストは1万ドルに関する発言を強めているが、目先の材料にBakktのテストローンチなどが控える中、突破に期待感を示す記述も散見された。

テザー再び1億USDTを新規発行

また、ビットコイン価格との相関性でも注目を集めるUSDTの発行状況に新たな進展が見られている。

出典:CoinMarketCap

新規発行されたUSDTは1億USD(108億円相当)で、5月中旬に時価総額(≒発行総量)を更新して以降、右肩上がりに推移している。

USDTの時価総額推移とビットコイン価格の相関性は、再び先行指標として注目されているもので、2017年末にUSDTが大量にバーンされたことによる総供給量減少とその後に起きたビットコイン価格の急落や、今年に入り再び発行を続けるUSDTの影響で増加する総供給量とBTC価格の上昇の状況から、市場の主要取引ペアでもあるUSDTの状況などから指摘されてきた。

日本でもBTCFXやアルト関連の分析ツールを公開するTainoko@仮想通貨(@btc_tainoko)氏が、6月13日よりツイッターで比較チャートの公開を行なっている。また、USDT出来高(グレー)も比較データとして追加した内容から、ビットコイン価格(オレンジ)とUSDT時価総額(ブルー)に高い相関性がある可能性が見えてきた。

新規発行を行なったUSDTを利用したビットコイン価格の価格操作は、昨年より指摘されてきた動きではあるものの、未だにその真相はわかっていない。これまでの相関チャートからは、USDT発行から遅れてビットコインが上昇する動きが確認されており、今後の注目指標となるかもしれない。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら