「フェイスブックの仮想通貨リブラは、最高水準の規制を遵守する必要性がある」英中銀総裁

英中銀、リブラに最高の規制水準が必要
英イングランド銀行総裁は、フェイスブック主導の仮想通貨「Libra」を公平な視点で評価するも、各国における最高水準の規制を遵守する必要があると指摘した。

英中銀、リブラに最高の規制水準が必要

 

フェイスブック主導で開発する仮想通貨リブラについて、イングランド銀行のMark Carney総裁が、「グローバルにおける最高水準の規制を遵守する必要がある」と指摘した。

英有力経済誌の報道によれば、Carney氏はポルトガルで開催されている中央銀行会議にて、「リブラは公平な視点で評価する。世界にある決済ネットワークは、現時点ではバラバラだ。」としている。

一方、同総裁は、リブラ・プロジェクトとフェイスブックがユーザー登録を行う場合、サービスを提供する国の最高水準の規制に準拠せざるを得ないだろうと指摘した。

Carney総裁は、イングランド銀行がG7加盟国や国際決済銀行、国際通貨基金などの国際規制機関と協力し、フェイスブック主導で構築する決済事業計画を慎重に審査する方向性を取るとも言及した。フェイスブック、あるいはリブラ協会が、ユーザーの個人データをどのように保護しながら、アンチマネーロンダリング法を遵守するかについて疑問視している。

昨日フェイスブックは、開発を進めている仮想通貨プロジェクト「リブラ(Libra)」のホワイトペーパー(事業計画書)を公開したが、それから一夜明けた本日には、米国会下院の金融サービス委員会のMaxine Waters理事長は、フェイスブックがリブラの開発を一時的に中断するように要請した。

その理由を「国家や国民におけるリスクを懸念、国会や規制当局の調査を行う必要がある」としている。

さらにそれ以外にも、フランス政府とG7から安全性の保証を呼びかける発言が上がっている。フランスの財務長官は、フェイスブックに「安全性の保証」に対する要請を検討している。なお、テロの資金調達や不正行為に転用されるなども不安材料として指摘している。

リブラ、フェイスブックに関する最新の進展

米金融サービス委員会理事、フェイスブックの仮想通貨開発の一時中止を要求
米国会下院の金融サービス委員会理事が、フェイスブックが開発を手がける「仮想通貨リブラ」の一時開発中止を要求。国家や国民におけるリスクを懸念、国会や規制当局の調査を行う必要があると主張した。
『本来、政府が行うもの』フェイスブックの仮想通貨に仏財務省が不安視
フェイスブック社の仮想通貨リブラを巡り、フランスの財務省が懸念感を示した。本来政府が行う役割だとした上で、「テロの資金調達や不正行為に転用」など安全性の保証に関する要請を検討している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら