CoinPostで今最も読まれています

『仮想通貨は未来か、スキャムか』BitMEXのアーサー氏とRoubini教授がディベート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

BitMEX CEOとDr.Doomがディベート
仮想通貨楽観論者と悲観論者であるBitMEX CEOとNouriel Roubini氏は、「未来なのか、ただのスキャムなのか」をめぐり論戦に臨んだ。フェイスブックのリブラに関する見解は。

BitMEX CEOとDr.Doomがディベート

昨日コインポストが紹介したように、大型業界カンファレンス『ABS』にて、BitMEX CEOとDr.Doomの仮想通貨に関するディベートが行われた。

業界最大の仮想通貨デリバティブ市場「BitMEX」を運営するArthur Hayes氏と、アンチ・仮想通貨のスタンスを示すNouriel Roubini氏(別称:破滅博士)は仮想通貨に対する真逆の意見を示しながら、「仮想通貨が未来なのか、ただのスキャムなのか」をめぐり、論戦に臨んだ。

ビットコインの安全性

Roubini氏は討論にて、詐欺者、スキャマーが横行している仮想通貨業界は「無法状態」にあり、なおかつビットコインは安全性が欠如し、その非中央集権・拡張性を持たないものだと主張した。Roubini氏は、自分自身の仮想通貨に対する不信感を全面に出したと言える。

これに対し、Hayes氏は以下のように反論を述べている。

2,000億ドルほどの時価総額を持つビットコインはのハッキング自体は不可能ではないが、過去一度も改ざんに成功した事例は無い。

もちろん、安全性を追求するなら、ビットコインを預けずに、コールドウォレットで保管すべきだ。

なお、ビザやマスターカードなどのような伝統金融手段させ数十年を経て処理速度をあげてきた。裏を返せば、ビットコインがこれまでのたった10年だけで、これまでのパーフォマンスを出せていることは素晴らしい。

仮想通貨か、現金か

続いて、Roubini氏はAlipay(中国)やUPI(インド)のような電子マネーシステムはすでにデジタル的未来を提供しているため、わざわざ仮想通貨を利用するまでの需要が見出せないと指摘した。なお、経済や社会問題を解決するためにはすでにIoTやAIの開発や応用が進んでいるという。

仮想通貨の存在意義を否定するこの見解に関し、BitMEXのCEOは、「キャッシュ以外の選択肢を世界は必要としている。現金が無くなっていくことを見込んでいる。」と語り、「WeChatPayなどアプリによる電子マネーはとても利便性が高い反面、政府に監視される。プライバシーと利便性を取捨する自由は必要だ。」と解釈した。

同CEOは仮想通貨の普及率の低さを認めつつも、「仮に50年後、アリババやフェイスブック、グーグルが人の生活をより多くコントロールするようになっていれば、ビットコインや匿名性の高い仮想通貨に対する需要は必ず上がる。」と見解を繰り広げた。

ビットコインを始める仮想通貨市場は世界に取り残されている「唯一の自由市場」だ。

5年後、兆単位になる資産クラスになるに違いない。

さらに、2人は仮想通貨の水増し問題や規制の懸念点などに関しても語り合っていた。

リブラだけ、2人は同意見を

水と油のような二人だが、唯一意見が一致したのは、フェイスブックが先日公表した仮想通貨プロジェクト「リブラ」の件だ。

2人は、「リブラが仮想通貨に該当しない」という見解に合致した。しかし、解釈としてはHayes氏はそれが有意義な試行錯誤と見なすが、博士はそれが仮想通貨を象徴する失敗作の1つとした

Coinpost関連記事

BitMEXの年間取引高が「1兆ドル」の大台を突破、仮想通貨ビットコイン(BTC)高騰を受け
BitMEXにおける仮想通貨の年間取引高が1兆ドルを超えたことが判明した。ビットコイン(BTC)高騰に伴い、5月の月間取引高は、4月の860億ドルを大幅に超える1650億ドル(18兆円)を記録している。
30以上の政治・市民団体・5名の議員、フェイスブックへ「仮想通貨リブラ」の中止を求める声明
30以上のリブラ反対団体の請願を受けた国会議員は先日の下院金融サービス委員会の理事長の要求に加わって、リブラの中止をフェイスブックに求めている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
17:10
LBRY有価証券判決、「流通市場取引は適用外」
米ニューハンプシャー州の連邦地方裁判所は、流通市場における仮想通貨LBCの販売は証券の提供に該当しないとの判断を示し、米証券取引委員会が求めていた差止命令を却下した。
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア