雨宮日銀副総裁|仮想通貨リブラは運営者にも責任ある行動が求められる

雨宮日銀副総裁|リブラに言及、「運営者にも責任ある行動が求められる」
日銀の雨宮正佳副総裁が、5日、都内で開催された講演で、米フェイスブックが導入の計画を発表したリブラについて言及。運営者にも責任ある行動が求められると語った。

流通の前にさまざまな条件のクリアを

ロイター通信が伝えたところによると、雨宮副総裁はリブラの巨大な利用者数を念頭に置くべきだと指摘。個別具体的なコメントは差し控えたいとしたものの、実際に流通する前にさまざまな条件をクリアすべきであり、決済手段としての価値の安定、技術的な安全性や安定性が必要であるとした上で、運営者にもマネーロンダリング対策など責任ある行動が求められると語った。

CoinPostの関連記事

フェイスブック支援の「リブラ」仮想通貨でない可能性が高まるか|金融庁の見解とは
日経の報道によれば、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」について金融庁が、仮想通貨に当たらない可能性が高いと公算。リブラが電子マネーの形態をとる場合、その規制はより厳格なものとの解釈も。
30以上の政治・市民団体・5名の議員、フェイスブックへ「仮想通貨リブラ」の中止を求める声明
30以上のリブラ反対団体の請願を受けた国会議員は先日の下院金融サービス委員会の理事長の要求に加わって、リブラの中止をフェイスブックに求めている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら