CoinPostで今最も読まれています

ビットコインとの相関性から見る投資戦略 XRP(リップル)にも重要な事例に|バイナンスリサーチ調査

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨の相関性に関するをレポート公開
仮想通貨取引所バイナンスの市場分析部門が、2019年の第2四半期における仮想通貨の相関性に関するレポートを発表。ビットコイン(BTC)との相関性から、多くの投資戦略が見えてきた。

第2四半期はビットコインへ資金が集中

仮想通貨取引所バイナンスの市場分析部門が、2019年の第2四半期(Q2)における仮想通貨の相関性に関するレポートを発表した。

Q2:4月から6月の期間の市場推移として、最終的には価格の下落も見られたものの、市場全体の長期レンジでみた値動きは上昇傾向にあった。第1四半期(Q1)に比べ、仮想通貨全体の時価総額は139%上昇し、2014年以降の四半期成績では過去第3位のパフォーマンスであったという。2017年以降に限って見ると、最高の上昇率を記録した。

ある意味で急ピッチな価格上昇から、市場のトレンド性が見えた四半期となったが、市場内通貨の推移は、2017年以降最もビットコインとアルトコインの相関性が薄れた時期でもあったようだ。

バイナンス社のレポートによると、ビットコイン(BTC)とアルトコイン全体との相関性が前四半期(Q1)と比較して0.73%から0.61%に低下。第1四半期(Q1)は高い相関性を示したため、大きな下降だと指摘した。

この相関データはビットコインに市場外資金(ニューマネー)が集中していたことや、アルトコインの市場内資金を吸い上げて成長したことを示す。時価総額2位のイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)といった主要アルトの相関性もQ1と比較して大きく低下した。

ビットコインと主要アルトは、株式市場などでいうバスケット的な見方(日経平均など:現仮想通貨ではまだない)が行われ、その中で需給を見る動きが強かったが、第2四半期ではビットコインに需要が偏る動きが継続した。

BTC建が主要取引ペアであった2017年などは、ビットコインの勢いが弱まると、相対的な取引ペアに当たるアルトコインの上昇が一時的に見られていたが、今回四半期ではそのような推移はあまり見られなかった。

市場上昇時にはビットコイン一辺倒、下落時には負の相関をアルトコインが大きく受ける結果となるなど、2017年末に向けたバブル相場とは異なる価格推移が見られた。

相関性からみるXRP価格の展望

今回のデータの中で注目したい点は、時価総額上位のビットコインとイーサリアムは、未だに一定数に相関性が見られている一方で、ビットコインとXRPの相関性は大きく低下。また、相関性がそれぞれ異なる動きをしている中で、イーサリアムとXRPの相関性は高い水準が保たれたことにある。

このデータの相違点とチャート推移から見ると、ビットコイン上昇時の相関性で大きな差が出たと見られる。要するにXRPは下落時の負の相関性の影響は受けていたものの、ビットコインの上昇時にはその影響が低かったことを示している。

XRPの価格推移において、この相関性は非常に重要であり、負の相関だけを高く受ける状況が続くと、ビットコインの現物買いに対して、売りヘッジなどで見られる可能性も考えられる。

XRPは過去のチャートからも単独で強い価格上昇を記録する動きが度々確認されているが、それらの上昇によって、正の相関性が高まることで、上値が重い展開にも改善の兆しが見えるかもしれない。

ニュースによる単独上げはおきていた

時価総額上位の相関性から、新しいニュースなどが個々の銘柄に与える影響は比較的小さく、大きく影響を与えるのはあくまで市場全体の傾向は見えてきてはいるものの、Q2で圧倒的なパフォーマンスを記録したChainLink(米IT大手企業のGoogleがChainlinkのブロックチェーンを統合するといった報道)など、ビットコインが上昇することによる市場心理の緩和から、特定アルトのニュースが影響する単独上げも確認されていた(相関性のない動き)。

コンセンサスアルゴリズムが影響?

Q1と比較すると、コンセンサスアルゴリズムも相関性に影響を与えていたことも明らかになった。合意形成にProof-of-Work(PoW)を用いている仮想通貨の方が、PoW以外の合意形成を持つ仮想通貨よりも平均的に見て相関性が高いという結果が見えてきた。これはある程度、同様の仕組みをもつ通貨が一括りに見られるといった仮想通貨特有の相関性を示す。

またQ2では、コンセンサスアルゴリズムと同様に、特徴が似た仮想通貨に高い相関性が見られた。匿名性の高い仮想通貨であるDASH(DASH)とMonero(XMR)や、送金を目的に開発されたリップル(XRP)とステラ(XLM) が相互に高い相関性を示したという。

本レポートは仮想通貨の相関性の変化に特化したものだ。バイナンスリサーチは、相関性をより深く調べ、株などの伝統資産の普及して間もない頃と比較することによって、今の仮想通貨業界の状態を把握することに役立つだろうと説明している。

CoinPostの関連記事

ステーブルコインは、デジタル資産業界の成長をさらに促進する|バイナンスリサーチ調査
仮想通貨取引所バイナンスの市場分析部門がステーブルコインに関する詳しい調査結果を発表した。FacebookやSamsungの参入にも注目している。
仮想通貨ビットコインは伝統資産より遥かに高いリターン| バイナンスリサーチ調査
仮想通貨の市場分析部門バイナンスリサーチは直近2年間のデータで、BTCが大半の伝統資産よりも遥かに高いリターンだと分析した。ハイリスク・ハイリターンな投資性を如実に示している。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧