神戸に拠点を置くアイクラフトがブロックチェーン・サービスを展開|教育領域への進出も

神戸の企業がブロックチェーン・サービスを展開へ
神戸を拠点にシステム運用保守サービスおよび開発を行うアイクラフトが、ブロックチェーン技術を利用したサービスを開始する。スマートコントラクトの設計や開発からブロックチェーン技術の教育も手がけるという。

神戸の企業がブロックチェーン・サービスを展開へ

神戸を拠点にシステム運用保守サービスおよび開発を行うアイクラフトが、ブロックチェーン技術を利用したサービスを開始する。

2017年から進めてきたブロックチェーン技術に関する研究を元に、包括的なブロックチェーン・サービスを展開するという。

そのサービス内容は、以下の通りだ。

1.スマートコントラクトの設計・開発

 

・Solidityを使ったethereumプラットフォーム

 

・Hyperledgerを使ったプライベートブロックチェーン(準備中)

2.信頼性の高いスマートコントラクトを実現するためのセキュリティ監査

3.ブロックチェーンに関するコンサルティング

 

・ブロックチェーン技術を使ったプロジェクトの改善

 

・ブロックチェーンによる問題解決

 

・クラウドセール・コンサルティング

4.ブロックチェーンに関する教育

 

・ブロックチェーンの概念

 

・ブロックチェーンのビジネス利用と事例

 

・ブロックチェーンを使ったスマート・コントラクトの開発

このように、中小企業からもブロックチェーン技術を利用したサービスが台頭することは、同技術の関心の高まりや広がりを示す一つの例と言えるだろう。

CoinPostの関連記事

日本の大手海運業者・ONE|ブロックチェーン技術をベースとした国際的な貿易プラットフォームに参加
日本の大手海運業者・ONEは、ブロックチェーン技術をベースとした国際的な貿易プラットフォーム・Tradelensに参加すると発表した。世界の6大海運会社のうち、5社が参加することになった。
日本政府が新暗号技術を23年導入へ、仮想通貨でも「量子コンピューター耐性」が課題
日経新聞は、政府が2023年を目処に「新たな暗号技術」を採用すると報じた。ビットコイン(BTC)など仮想通貨業界でも秘密鍵に暗号化技術が使用されている関係上、量子コンピュータ対策は問題視されており、イーサリアムなどで量子耐性を踏まえた開発も進んでいる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら