米大手仮想通貨ファンド「グレースケール」、ビットコイン投信私募を再開

米最大手仮想通貨ファンド、ビットコイン投信私募を再開
米仮想通貨ファンド、グレースケールが適格投資家向けのGBTC私募を再開した。大口デジタルファンドの3ヶ月比較ではアルト比重減少に対しBTC比重が12%増加するなど、大口投資商品でもアルトドレインが反映されている。

GBTCの私募再開に、グレースケール

米大手仮想通貨ファンド「グレースケール」は再びGBTCの私募を公式に開始した

GBTCはグレースケールのビットコイン投信商品であり、OTC市場で有価証券形式で投資されている。

この私募とは、グレースケール社が一定の期間において、適格投資家に向けたGBTCの販売だ。GBTCに投資する投資家は実際ビットコインを所有せずに、そのシェアを投資家の実名で保有する。

公式発表によれば、この投信は26.6億ドルに相当する資産を運用しており、投信に当たって1つのシェアは0.00097876 BTCを代表するものだ。

投資家はこの投信の私募で、1年間で保有していたGBTCのシェアを売却することができるほか、IRA(個人年金口座)などの口座から運用することも可能だという。

この投信は私募であるため、SECへの登録は免除されているが、レギュレーションDという条例に乗っ取って、適合投資家のみが投資できる仕組みとして確立されている。

グレースケールは、多くの米機関投資家や大口投資家が利用する投信サービスプラットフォームで、現在運用する26.6億ドルは、5月比24%高で運用資産が増えている計算になる。

さらに、グレースケールは本日更新された「大口デジタルファンド」の比重を公開した。この変化は3月31日と6月30日データと比較されたもので、全てのアルトコインの比重が減少し、ビットコインの比重は12%増加した。

ビットコインへの資金流入が増加する一方で、いわゆる「アルトドレイン」現象の見られる2019年の強気相場は、このような大口投資商品にも反映されている。

CoinPostの注目記事

ビットコイン(BTC)の高騰の背景に「テザー砲」、Bitfinexは29日に新たな展開も|仮想通貨市況
弱気派が台頭しつつあった仮想通貨市場だったが、ビットコインは前日比+11%以上と急騰してトレンドを鮮明にした。1億ドルのテザー発行も相場を後押ししており、年初来高値の更新も射程圏に。
前日比7%上昇のBTC|「ビットコインは次の価格調整まで3万ドルに」大手投資ファンドCEO
米大手ファンドのCEOはビットコインが調整する前に330万円に達する可能性を指摘した。ブルームバーグ誌は「GTI VERA」の突破がBTCの大きな値動きを示す重要な指標と分析。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら