禁止法案が不安視されるインド「ビットコインなど仮想通貨は違法ではない」財務大臣が議会で発言

インドでは仮想通貨は違法ではない
現段階において、ビットコインなど仮想通貨の取引および保有がインドにおいて、違法ではないことが明らかに。インド財務大臣が連邦議会で言及を行った。

インドでは仮想通貨は違法ではない

現段階において、ビットコインなど仮想通貨の取引および保有がインドにおいて、違法ではないことが明らかとなった。複数メディアが伝えた。インドでは、中央銀行発行のデジタル・ルピーを除いた仮想通貨の利用禁止を規定する法律を施行する計画を進めているとの報道が行われており、仮想通貨の禁止法案が近く施行されるとみられていた。

報道によれば、財務省および企業省の大臣を務めるAnurag Singh Thakur氏が、インド連邦議会(上院)で「現在、(インドにおいて)仮想通貨に関する問題を取り締まる法律はない」と語った。

また同氏は仮想通貨の取引や売買などを禁止するか否かについては、現在、政府および各省庁間で検証中だとしており、インド準備銀行や財務省の間で議論が硬直状態にあるという。

そうした流れの中で、今回の最終報告が挙げられた形となり、新たな資産クラスである仮想通貨にとっては、首の皮が一枚繋がったと言えるだろう。

下の画像は、インド財務省による仮想通貨禁止に関する質問への回答を記したものだ。

出典:Rajya Sabha

その文書中の「政府が国内での仮想通貨の取り扱いを禁止にしたか」との質問に関して、「No,Sir.(いいえ)」と回答。仮想通貨の取り扱いへの違法性を明確に否定している。

今回のニュースによりインド国内での仮想通貨取引が違法でないことが明らかになっただけでなく、同国の政府は仮想通貨に関し、未だ明確な意思決定がなされていないことが予測されるだろう。

CoinPostの関連記事

ビットコイン保有で刑務所行き? インド、仮想通貨を全面的に禁止する新たな法案
現在インド政府は、最大10年の禁固刑を科す、仮想通貨を全面的に禁止する法案が提出されたと、ブルームバーグ誌が報じた。インド準備銀行は法案への関与を否定している。
「xCurrentはインドの全銀行に導入する商品」米リップル社シニアエンジニアが言及
今年6月にインドで開催されたイベントで、リップル社のシニアエンジニアであるSachin Maheshwari氏が、同社のxCurrentをインドの全ての銀行に導入すると発言していたことが明らかになった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら