リップル社、Q3より仮想通貨XRP販売総額の減少に取り組む|xRapidの取引数も好調=Q2最新レポート

リップル社第二四半期レポート
リップル社が発表したQ2売り上げレポートによると、XRPの販売金額はQ1より49%の増加を記録し、XRPを利用するxRapidによる取引数も170%ほど上昇した。なお、より正確な出来高データを導入し、販売額を減らすことに取り組むと発表した。

リップル社第二四半期レポート

リップル社は2019年7月25日に、「Q2 2019 XRP Markets Report(第2四半期、4〜6月)」を公開した。

このレポートの中で、リップル社が有するXRPに関する売却の状況や、価格の推移について掲載。ベンチャーマーク企業の変更など、XRP販売に関わる重要変更点も発表された。

XRP売り上げ、50%近く上昇

リップル社は4月から6月の期間にかけての仮想通貨XRP販売量を開示し、計272億円に達した。なおQ1に比べ、50%ほどの売り上げが増加した水準となる。

販売額推移は以下の通り。

  • 機関投資家向けの販売=約116億円
  • プログラマティック販売=約160億円

出典:ripple.com

Q2の売り上げでは、リップル社が仮想通貨市場の「出来高水増し疑惑」の対策として、販売に係るベンチマークを変更することに決定した。

これは以前発表された「Q2のXRP売上高に関して、より保守的なアプローチを用いる」との項目で発表されたものに該当する。

リップル社はQ2の販売の中で、取引所水増し疑惑の問題を受け、厳格な対応を行うために、Q2の頭において一時的にXPPのプログラマティック販売の一時中断、機関販売の制限していたことを明し、以前のガイダンスで報告したものより約半分、CMCの出来高の10 bpsとのレートで販売を再開したと報告した。

Q3(7〜9月)のXRP販売方式についても、「Q2より」保守的なアプローチを用いるとしており、よりクリアな出来高を基準とした販売基準を設けると掲載。Q3におけるプログラマティック販売は、変更後のベンチマーク「CryptoCompareのトップティア(CCTT)のデータ」を元に、10bpsのレート目標で行う予定だという。

補足:bpsとは、Basis Pointsの略で、1万分の1の値を「1.0」とする単位である。(例:1bps=0.01%) よって、10bpsは0.1%に相当する数値となる。

変更された出来高ベンチマークとは

出来高データとして採用していたCoinMarketCapのデータに関して、取引所の水増しによって正確なデータではないとの指摘を受けたリップル社は、イギリスの仮想通貨ベンチマーク企業CryptoCompareのトップティア(CCTT)を利用する方針に変更し、Q3より導入することになる。CCTTが格付けする「AA、A、B」との評価段階で、より正確なXRP出来高が反映された上で、XRP販売を行うとしている。

こちらがリップル社が掲載したCoinMarketCap(CMC)、CCTTによる出来高計上の相違だ。

出典:ripple.com

このデータが示すように、CCTTが計算したQ2のXRP全体出来高はCMCの4分の1ほどで、CCTTの出来高と差があることがわかった。Q3よりこのベンチマークを基準に、販売総額が減少することを目標としている内容が掲載されている。

xRapidの取引数増加

同レポートによると、リップルネットの送金ソリューションパッケージにあるxRapidの利用取引数がQ1より170%の上昇を記録した。xRapidはネイティブ通貨XRPを利用する送金サービスで、直近では米大手送金企業MoneyGramがその実装・利用を発表した。

Q2において、xRapidの利用を正式に開始したパートナー企業はQ1に比べ、30%ほど増えてきている。例にあげると、SendFriendが「米→フィリピン」というコリドールでxRapidの利用を6月に開始した。

リップル社は今後も、xRapidの取引数が増加していくと見込んでいるという。

Q2 2019 XRP Markets Report

CoinPostの注目記事

リップル社の規制責任者ら6名、米ニューヨーク州の仮想通貨専門研究チームメンバーに選出
米ニューヨーク政府による仮想通貨とブロックチェーンに関する専門研究チームのメンバーに、業界内から6名の有力候補が選ばれたことが明らかになった。本チームは規制改善などにおいて州をサポートしていくことを目的とする。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/20更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら