CoinPostで今最も読まれています

バイナンス研究レポート:ビットコイン組み入れはリスク・リターン向上に非常に有益

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

バイナンス最新研究レポート:ビットコインは欠かせない代替資産
仮想通貨取引所最大手バイナンスは、ポートフォリオ管理研究レポートにて、ビットコインを組み入れることが、マルチアセット戦略におけるリスク・リターンの向上に非常に有益であることを投資シミュレーションを通して証明した。

バイナンスが研究レポート|ビットコインは欠かせない代替資産

仮想通貨取引所最大手バイナンスは、ポートフォリオ管理研究レポートの第一弾として、ビットコイン(BTC)をポートフォリオに組み入れることが、マルチアセット戦略におけるリスク・リターンの向上に非常に有益であることを数々の投資シミュレーションを通して証明した。

投資面から見たビットコインの特性:変動は激しいが他の資産クラスとの相関性が低い

10年というビットコインの歴史は、暴騰と暴落を繰り返してきた歴史でもあり、そのボラティリティは投資対象として魅力であると同時に大きなリスクでもある。

バイナンスはビットコインの高い価格変動の要因として次の三つを挙げている。

  1. 「新技術」としてのブロックチェーンと共に資産クラスとして誕生したばかりであること
  2. 流動性の低さと信頼できる取引所の欠如
  3. 投資家が頻繁にポジションを入れ替える個人投資家の割合が非常に高いこと

しかし、この研究レポートでは、その変動率は、最初のブロック=ジェネシスブロックが生成された時から、減少してきていると指摘している。

今後、Fidelityに代表されるカストディサービスの充実、ETF、新しい投資信託の創設などの、機関投資家向け製品の提供に見られるように、暗号資産(仮想通貨)業界が成熟するにつれて、ビットコインのボラティリティはさらに低下する可能性があると主張した。

比較した対象資産:S&P 500、Russell 2000、NASDAQ、Bloomberg Barclays Global Aggregate、石油、金、銀、Bloomberg Commodity Index Total Return、トピックス、Hang Seng 、EuroStoxx 50、FTSE 100

さらに現在のビットコイン市場は、スポットおよびデリバティブ取引が活発で取引量が大きく、かつ取引場所間の効率的な価格機能によりスプレッドが小さいことが特徴的で、非常に流動的な資産であることから、大口投資家にとっても投資しやすくなっているという。

さらに機関投資家向けに特化したカストディサービス提供により、ビットコインは分散化されたポートフォリオに組み込むべき不可欠な代替資産となっていると結論づけた。

ビットコインを含むマルチアセット・ポートフォリオ管理シミュレーション

バイナンスは、この投資シミュレーションに、投資運用会社最大手2社のトップETF商品を選んで非暗号資産のマルチアセットの割り当てを代用するものとした。

▽BlackRock社:iShares Morningstar Multi-Asset Income ETF

▽Vanguard Asset Management社:VPGDX Managed Payout Fund)

 

そしてビットコインは時間ベースと動的境界値ベースという二つのリバランス方法により、ポートフォリオに組み込まれる。資産は、ETFの購入とBTCの売却、またETFの売却とBTCの購入により調整される。

対象となる試験期間は、2015年12月31日から2019年6月30日までの3年6ヶ月で、ビットコイン割り当てが1%と5%のケースでシミュレートされたが、ビットコインを組み入れた全てのポートフォリオで、ビットコインを含まないものより優れたリターンを生み出している。 

時間ベースのリバランスの場合、1%を割り当てた場合では、3年半の実験期間で5~6%の追加収益、年間収益では約1.5%の追加の年間収益を生み出したことになる。

ビットコインの割り当てが5%の場合は、リターンは、さらに59.3%と57.2%となり、ビットコインを組み入れない場合のリターン(27.86%と26.03%)を大幅に上回った。

Binance Research,Bloomberg

同じく、動的境界値によるリバランスの手法でも、ビットコインを組み入れた全てのポートフォリオで、ビットコイン無しの場合よりリターンが向上した。

Binance Research,Bloomberg

ただし、バイナンスは、スリッページや税金費用、また比較的短いビットコインの価格歴などの要素が、この分析の正確性を制限することに注意を喚起している。

結論

ビットコインは、株式、債券、コモディティなどの他の伝統的な資産クラス全てと相関関係がないため、独立した資産クラスの典型といえる。

また、LedgerXやBakktのビットコイン先物契約、米SECの承認を待つビットコインETFやFidelity Digital Assetsによる専用カストディソリューションなどは、仮想通貨投資に不安を抱いている投資家の懸念を軽減していく一助となり、その結果、資産運用会社がビットコインを単なるリスク資産ではなく、ポートフォリオ構築に不可欠な資産とみなす可能性も高まると、レポートは結んでいる。

CoinPostの関連記事

バイナンス最新調査|機関投資家および大口顧客の潜在リスクと仮想通貨業界のマイナス要因
仮想通貨取引所最大手のバイナンスが、機関投資家および大口顧客を対象としたアンケートの調査結果を分析したレポートを発表。機関投資家および大口顧客の取引の動向や市場に対する見解が明らかになった。
仮想通貨ブローカーのCEO、多くの米金融アドバイザーが仮想通貨を自分のポートフォリオに|直近の規制関連にも注目
豪州に拠点を置く仮想通貨仲介業者「CALEB BROWN」の創設者兼CEOのPrash氏は、多くの金融アドバイザーが同社のサービスを利用し、数十万ドル(数千万円)にも及ぶ仮想通貨を購入していることを明らかにした。なお、同氏は規制の重要性や、VanEck版ビットコインETF、仮想通貨取引所Bakktについても言及。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/26 水曜日
07:32
Bybit、ソラナ基盤Zeta MarketsのZEXトークン新規上場へ
暗号資産(仮想通貨)取引所Bybitは、ソラナ基盤の無期限先物取引プラットフォーム「Zeta Markets」のZEXトークンの新規上場を行う予定だ。
07:00
米SEC委員長「イーサリアム現物ETFの審査は順調」
米SECのゲンスラー委員長は、仮想通貨イーサリアムの現物ETFの審査手続きは順調であると語った。一方で、承認時期がいつになるかは不明確であると話している。
06:40
ドイツ当局の売圧継続か、88億円相当のビットコインを移動
仮想通貨追跡サイトArkhamによると、BKAはまず400 BTC(39.5億円相当)をコインベースおよびクラーケンのウォレットに送信。その後、500 BTC(49億円)を特定されていないアドレスに移したという。
06:05
ソラナ新機能「Blink」、X(ツイッター)離れず仮想通貨取引やステーキングなど可能に
この新機能により、ユーザーは現在閲覧しているツイッターを離れることなく、取引やステーキング、NFTのリンクへ接続し、トランザクションを送信できるようになる。
06/25 火曜日
18:00
チェーンリンクの買い方、取引所選びの完全ガイド
暗号資産(仮想通貨)チェーンリンク(LINK)の特徴、最新価格、将来性、購入方法について詳しく解説。多様な用途と採用事例で注目されるLINKの成長の背景を探ります。
17:03
ブロックチェーンゲームでも税金が発生する?課税のタイミングやNFT取引における所得の注意点などを解説|Aerial Partners寄稿
暗号資産(仮想通貨)の損益計算サービス「Gtax」を提供する株式会社Aerial Partners所属の税理士が、STEPNやブレヒロなどの人気ブロックチェーンゲームの煩雑な税金計算の基本について初心者向けに解説。国内最大手暗号資産(仮想通貨)メディアCoinPostに寄稿しました。
15:44
仮想通貨市場、今週の材料まとめ|イーサリアム、アバランチ、JUP、PRIMEなど
ビットコイン、イーサリアム、ソラナなど時価総額上位の暗号資産(仮想通貨)やその他の注目銘柄について、過去1週間の材料をまとめた。
13:20
韓国シンクタンク、ビットコイン現物ETF導入に警鐘 地域経済を弱める可能性
韓国金融研究院は、韓国におけるビットコインの現物ETFの導入は、 国内経済にとっては利益よりも多くの問題をもたらす可能性が高いと警鐘を鳴らした。
12:38
マウントゴックスの売り圧懸念でビットコイン急落、思惑先行の指摘も
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が急落し、58000ドル台まで下落した。マウントゴックス(Mt.Gox)の債権者弁済が7月に始まることを受けたものだが、専門家からは市場の売り圧力は市場予想を下回るとの見解もある。
11:20
Coatue、米上場マイニング企業Hut8に240億円出資 AIインフラ構築で
米上場仮想通貨マイニング企業Hut 8は、AIインフラ構築で米投資企業Coatueから約240億円の戦略的投資を受けると発表した。
10:35
仮想通貨投資企業コインシェアーズ、FTXに対する請求権を63億円で売却
欧州の仮想通貨投資企業コインシェアーズは、破綻したFTXに対する債権請求権の売却に成功し約63億円を受け取ったと発表した。
10:05
米政府、SECに批判的な人物をNSC特別顧問に任命
米バイデン政権は、SECに批判的なキャロル・ハウス氏をNSCの特別顧問に任命。ハウス氏は、仮想通貨やブロックチェーン、CBDCに精通した人物である。
08:50
STEPN GO(ステップンゴー)、iOS版25日にローンチ予定
ライフスタイルアプリ「STEPN GO」のアップルiOS版アプリは、日本時間25日17時よりダウンロード可能になる予定だ。
08:05
ステーブルコインUSDT、アルゴランドとEOSで発行終了
ステーブルコインUSDTを発行するテザーは24日、アルゴランドとEOSという2つのブロックチェーンへの対を終了するを発表した。
07:20
野村、仮想通貨に関する機関投資家の動向を調査
日本の機関投資家の54%が今後3年間に仮想通貨に投資する意向であることなどを記載した調査結果を野村が公表。他にも投資配分や参入障壁なども機関投資家に聞いている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア