韓国政府、釜山をブロックチェーン開発特区へ|規制のサンドボックスの導入を宣言

韓国、釜山をブロックチェーン特区へ
韓国中央政府は先日、釜山をブロックチェーン開発特区とするため、同地域に規制のサンドボックス制度を導入するとの宣言を行なった。同政府はイノベーションを促進したい意向を示している。

韓国、釜山をブロックチェーン特区へ

韓国中央政府が、釜山をブロックチェーン開発特区とするため、同地域に規制のサンドボックス制度を導入するとの宣言を行なった。

「規制のサンドボックス制度」とは、新しい技術やビジネスモデルを用いた事業活動の促進を目的とした制度で、その認定を受けることにより、企業は対象技術の実証において既存の規制の適用を受けることなく行うことができる。

公表した内容によれば、韓国政府は、金融や公衆安全、物流、観光など多岐にわたる分野でのブロックチェーン技術の応用を計画しているとし、その目標達成に向け、イノベーションを加速させたい考えだ。

また、それらプロジェクトは、銀行やフィンテック系スタートアップなどにより主導される見込みだ。参加企業には以下のような名が連ねている。

  • BNK釜山銀行
  • ヒュンダイペイ
  • 韓国ツアーパス
  • コインプラグ
  • BP&Solution
  • 釜山テクノパーク

現在、韓国政府は新興技術の促進に本腰を入れており、ブロックチェーン技術以外にもデジタルヘルスケアやスマートウェルネス、自動運転技術、eモビリティ、スマートセーフティコントロール、次世代のバッテリーリサイクル技術に取り組んでいる。さらに、ブロックチェーン技術と同様に、各技術のための開発特区をそれぞれ設けている。

ソウル市の「スマートシティ」構想

昨年ヨーロッパを訪問した朴 元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長も、スイスの「クリプトバレー」ツークにおける講演にてソウルが目指す、世界的なブロックチェーンのハブ(中枢)となるための計画を以下のように明らかにしていた。

ソウルには、世界でブロックチェーンの中心として認識される都市を目指して、ブロックチェーンエコシステムを創る計画がある。

ツークのように、ブロックチェーン専門家をソウル市に集めたいと考えているが、そのためには、革新的なブロックチェーン企業に友好的な環境を確立する必要がある。

また同市長は、未来のICT産業を形作る第4次産業革命の中心となるのは間違いなくブロックチェーンと主張し、5年以内に「スマートシティ」の構築を目指すと話していた。

参考資料:theinvestor.co.kr

CoinPostの関連記事

FATF新ガイダンスを受け、韓国の仮想通貨取引所4社がより厳格な銀行情報更新へ
Bithumbを含む、韓国の大手仮想通貨取引所4社が、先月のFATFによる新ガイダンス発表に伴い、韓国国内の銀行から登録情報更新を要請されている。
世界大手送金業者マネーグラム、韓国送金企業と提携|リップル社もパートナーヘ
世界大手送金業者マネーグラム社が、韓国送金大手のSentbe社との提携を発表した。海外からの居住者やアジア近隣国からの労働者が増加している韓国で業務拡大を狙う。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら