イーサリアム(ETH)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
02/27 (木)
仮想通貨先物取引利用者の7割が「レバ20倍〜40倍を利用」 バイナンス月次先物取引レポート
仮想通貨取引所バイナンスが2020年1月の先物取引レポートを発行。ビットコイン半減期やマクロの不確実性を価格上昇の要因と見た。また先物取引の出来高やレバレッジの利用状況も明かしている。
CoinPost
02/26 (水)
仮想通貨送金を簡単に 米コインベース、ユーザー名宛ての送金サービスを開始
コインベースはアプリ「Coinbase Wallet」で、ユーザーネーム宛てに簡単に仮想通貨を送ることが可能になったと発表。手間がかかりリスクのある仮想通貨の送金が簡単になる。
CoinPost
02/26 (水)
香港政府、仮想通貨事業者にもマネロン対策を義務付け
2020〜21年度の「財政予算案」で、香港政府は資金洗浄およびテロリスト資金調達への取り締まりを強化するために、仮想通貨の関連サービス業者やハードアセット業者を監視対象リストに取り入れる予定だ。
CoinPost
02/26 (水)
リップル幹部、仮想通貨XRPとETHの将来的な優位性語る
米リップル社のプロダクト管理部門の幹部Asheesh Birla氏が、サンフランシスコで開催されたゴールドマンサックスのカンファレンスで、仮想通貨リップル(XRP)とイーサリアム(ETH)の優位性を語った。
CoinPost
02/25 (火)
仮想通貨ETC「ハッシュレート大幅下落」の原因が判明 イーサリアムも4月に警戒か
仮想通貨イーサリアムクラシックのハッシュレートが大幅に低下した原因が明らかになった。ビットコイン含め重要なマイニングハッシュレート、今後の影響を解説。
CoinPost
02/22 (土)
リップルのXpring、仮想通貨XRPとイーサリアムのブリッジ開発に参画
リップル社の開発部門Xpringは、仮想通貨(暗号資産)XRPとイーサリアム(ETH)のブリッジに取り組んでいる。DeFi領域に向けてハッカソンを開催。
CoinPost
02/19 (水)
仮想通貨別「大口投資家割合と推移」ビットコイン、ETH、XRPほか|Coin Metrics調査
仮想通貨取引などの調査会社Coin Metricsが大口アドレスに関する調査書を公表。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRP(リップル)ほか7通貨の状況を掲載した。
CoinPost
02/19 (水)
BitMEX収益ランキング元1位、ビットコインやXRPなど仮想通貨の利確ポイントに言及
ビットコイン著名トレーダーのAngeloBTCは2021年に向けて、ビットコインを含めた4つの仮想通貨銘柄に関する利確ポイントを語った。BTC、アルト共に強気予想の見解だ。
CoinPost
02/13 (木)
高値圏で揉み合うビットコイン(BTC)、リップル(XRP)も大幅高|仮想通貨市況
堅調なビットコイン(BTC)価格を背景に、リップル(XRP)が前日比一時15%高の36円台まで急騰したほか、イーサリアム(ETH)が大幅続伸。一時30,000円台を回復した。BakktやCMEのBTC先物需要も急拡大している。
CoinPost
02/13 (木)
仮想通貨イーサリアムが大台3万円に到達 ETH投資信託で290%のプレミアム発生
イーサリアムが日本円建て3万円に到達した。1ETH=3万円の値をつけたのは2019年7月以来初。年初からも115%高と100%水準を上回った。NEMとLiskの最新情報も。
CoinPost