CoinPostで今最も読まれています

イーサリアム担保の米ドルローンを提供へ 米仮想通貨信託銀行Anchorage

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

法人向けのイーサリアム担保ローン

米国の大手暗号資産(仮想通貨)カストディ企業兼信託銀行のAnchorage Digital(以下、Anchorage)は、イーサリアム(ETH)を担保とした、法人向けの米ドル建てローンを提供することを発表した。ナスダック上場の商業銀行BankProvとの提携で実現する。

BankProv(旧称The Provident Bank)はアメリカで10番目に古く200年以上にわたって営業している伝統的な老舗銀行である。

イーサリアムを保有しており、資本を必要とする仮想通貨ファンドなどの企業は、Anchorageのサービスを利用すれば、イーサリアムを売却せずに融資を受けられる仕組みとなる。

BankProvのCEO、Dave Mansfield氏は次のように説明した。

私たちは仮想通貨市場が、伝統的な資金調達ツールへのアクセスや権利を、法的準拠しており十分な資本を備えた他のビジネスと同じように提供されるべきだと考えている。

イーサリアムを売却することなく資金にアクセス

このサービスで、Anchorageはユーザーにローンを提供し、BankProvは保険付き預金を提供する予定。ユーザーにとっては、仮想通貨の売却などによる課税を発生させることなく、米ドルの流動性にアクセスできるようになることもメリットとなるという。

Anchorageの共同創設者・社長であるDiogo Monica氏は次のように話す。

イーサリアムを大量に保有している機関や、さまざまな理由で運転資金を必要とする機関からの需要がみられる。事業の運営資金として米ドルが必要な企業、米ドルで取引を促進したい企業、イーサリアムを長期的に保有することを好み、売却して課税を発生させたくない企業など、様々なケースがある。

イーサリアムに高需要

またMonica氏は、現在、仮想通貨時価総額におけるビットコイン(BTC)ドミナンス(占有割合)が約42%に低下していることを指摘し、「イーサリアムの需要は増加している」と語る。

「イーサリアムを担保とするローン」という点、「仮想通貨に裏付けられた米ドル建てローン」という両方の面から、機関投資家がこのローンに関心を高めており、それに対する需要は、ビットコイン担保ローンの需要よりも速く伸びているという。

Monica氏は、将来的にはNFT(非代替性トークン)さえ融資の担保となってもおかしくないと意見した。

関連大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

また特に機関投資家にとっては仮想通貨のボラティリティ(高い価格変動)が問題となるが、Anchorageのイーサリアム担保ローンには、それに対応する機能が備わっている。

Monica氏によると、Anchorageにはその担保の価値を追跡する価格監視システムがあり、価格が一定のしきい値まで低下した場合は追加の担保が必要であることを借り手に知らせ、元本を保護するために自動的に清算する仕組みとなっているという。

米フィデリティによる事例も

仮想通貨を担保にしたローンを提供する金融機関は他にもある。

20年8月、ロシアの商業銀行Expobankが、仮想通貨を担保にした個人向けローンの提供を行ったことが分かった。

担保に利用された仮想通貨銘柄はWaves(WAVES)で、ローンの提供を受けたのは実業家。具体的な融資額は明らかにされていないが、仮想通貨を担保にしたローンの発行はロシア初と報じられた。

また、21年3月には米Silvergate銀行が、ビットコイン(BTC)担保ローンのサービス提供で、大手金融フィデリティの仮想通貨子会社FDA(Fidelity Digital Assets)と連携する方針を発表した。

Silvergate銀は仮想通貨セクターに銀行サービスを提供する米有数の「クリプトフレンドリー」な金融機関として知られる。

提携により、すでにFDAを利用しビットコインを預けている機関投資家はビットコインを移動させずにSilvergate銀のSEN Leverageを通してローンを組むことができるようになる。「ロングポジションを維持したい顧客はカストディプロバイダーを変更することなく、よりシームレスにローンを利用することができるようになった」と、同銀行は発表で説明した。

Silvergate銀が提携したカストディアンはコインベースカストディに続く2例目。異なるカストディアンと手を組むことによって、自社のビットコイン担保ローンサービスの事業拡大を図る。

関連:ビットコイン売却せずに資金調達可能に フィデリティの仮想通貨保管事業で新サービス

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/23 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETHの証券性判断に高い関心
今週は、米SECによるイーサリアムの証券性判断、マイナーのビットコイン保有量の減少、自民党議員による仮想通貨についての発言に関するニュースが最も関心を集めた。
10:30
ムード悪化のビットコインは売りシグナル点灯、来週は材料豊富な1週間に|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、下落中の今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。米国大統領選前の初回テレビ討論会など材料豊富な来週の展望を読み解く。
06/22 土曜日
13:30
テクノロジー大手DELLの億万長者CEO、ビットコインに興味示す
米マイクロストラテジーのセイラー会長は、テクノロジー大手DELLのCEOに、仮想通貨ビットコインの希少性をアピールした。
12:30
ソラナブロックチェーンに「ZK圧縮」導入、レイヤー2無しで実現
ソラナブロックチェーン上でゼロ知識処理レイヤーを開発するLight Protocolとソラナのノード技術を提供するHeliusは22日、「ZK圧縮」というソラナのメインネットで直接利用できる技術をリリースした。
10:40
アーサー・ヘイズ氏、仮想通貨市場の上昇可能性語る 農林中金の外債売却計画背景に
BitMEXのアーサー・ヘイズ前CEOは日本の銀行が抱える米国債の問題を背景に、仮想通貨市場が上昇するとの独自見解を語った。
09:50
米フィデリティ、イーサリアム現物ETF申請で7.5億円の初期資金調達
米資産運用大手フィデリティの申請中の現物仮想通貨イーサリアムETFは、流動性提供のためのシードファンディング(初期投資金)で7.5億円を受けたことが判明した。
09:30
英金融大手SCB銀、機関投資家向けの仮想通貨取引業務を準備か
イギリス拠点の多国籍銀行スタンダードチャータード銀行(SCB)はFX部門の一部として仮想通貨取引市場に参入する計画であることが21日に報じられた。
09:00
ソラナはブロックチェーン領域の「macOS」──パンテラ評価
仮想通貨ソラナはブロックチェーン領域のmacOSのようであるとパンテラが評価。その理由を説明し、ソラナが成長していることを示すデータも公開している。
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの二次販売が証券である可能性排除できず」州法上の訴訟で
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア