年金口座で仮想通貨投資を可能に 米コインベースと401k投資アドバイザーが提携

コインベースで401Kの仮想通貨投資

米仮想通貨取引所コインベースは確定拠出年金(401k口座)の投資アドバイザー「 ForUsAll」と提携し、 年金口座利用者に仮想通貨サービスを提供することがわかった。

今回の提携で、ForUsAllの401k口座の顧客はコインベースを通して、ポートフォリオの最大5%を仮想通貨投資に充てることができる。コインベースの機関投資家プラットフォーム「Coinbase Institutional」が資産管理を行う。

投資可能な仮想通貨の銘柄は、コインベースが取り扱う60近い銘柄が対象となる。

ForUsAllはさまざまな企業で7万以上の従業員口座、約1,900億円規模の資産を運用。一方、米全体の確定拠出年金の投資規模は2,400兆円に及ぶ。

401k口座による仮想通貨投資(個人年金プランなど)は近年、米国で利用事例が徐々に増加。Charles Schwabやフィデリティ、Geminiと提携するDigital Asset Investment Management社、Bitcoin IRA社などが挙げられる。特にコロナ禍の金融政策下で通貨インフレを念頭に、一部の資金を仮想通貨で運用する雇用主も増えている。

著者:菊谷ルイス
参考:Business Wire

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します