イーサリアム(ETH)の価格・チャート|今後の将来性や買い方を解説

ニュース 基礎情報 関連記事
02/10 (月)
アルトバブル再来へ、ビットコイン(BTC)は一時10,200ドル|仮想通貨市況
ビットコイン(BTC)の半減期相場思惑に伴い資金流入の加速する仮想通貨市場では、すでに年初より2〜3倍になる銘柄も少なくない。前月比103%のテゾスが時価総額10位まで上昇したほか、バイナンスコインも前月比60%高に。
CoinPost
02/03 (月)
乱高下するビットコイン(BTC)、コロナウイルスで揺れる国際金融市場|仮想通貨市況
新型肺炎「2019-nCoV」のアウトブレイクに伴う世界的な経済損失が懸念されるなか、仮想通貨市場では、ビットコイン(BTC)や主要アルトなどへの資金流入が観測されている。MONA、XEMに続き、リップル(XRP)も物色された。
CoinPost
02/03 (月)
イーサリアム・XRP高騰で仮想通貨市場を牽引 ビットコインから資金が循環か
週末の仮想通貨市場は、半減期を100日後に控えるビットコイン(BTC)の好調な市場が一服する中、時価総額2位イーサリアム(ETH)と3位リップル(XRP)を中心に高値を更新した。関連ニュースも解説。
CoinPost
01/31 (金)
国内外で注目の仮想通貨ステーキングサービス、米国PoS協会がメンバー拡大中
米国の「プルーフ・オブ・ステーク同盟」がメンバー企業を拡大中。様々な業者が参入してきた中、日本国内および海外でも仮想通貨ステーキングサービスに大きな注目が集まっている。
CoinPost
01/29 (水)
税還付金を仮想通貨で獲得 米Refundo、ETH・XRP・BCHに新規対応
還付金を仮想通貨で受け取ることができるサービス「CoinRT」が、ETH、XRP、BCHを対象として新規銘柄として追加した。 従来の小切手よりも速く安く着金する利点がある。
CoinPost
01/20 (月)
仮想通貨のPoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは|PoWとの違いとメリットを解説
イーサリアムのPoS移行により、関心が高まるプルーフ・オブ・ステーク。ビットコイン(BTC)で採用されるPoWとの違いやPoSのメリットについて詳しく解説。
CoinPost
01/14 (火)
アラブ首長国連邦で仮想通貨による不動産購入が可能に BTC・ETH・XRPなどに対応
Huobi(フォビ)が、アラブ首長国連邦(UAE)の大手不動産会社fämPropertiesとの提携を発表。不動産投資を仮想通貨決済で行うことが出来るようになった。
CoinPost
01/08 (水)
仮想通貨ETHとXRPを購入する大口OTC取引が増加 バイナンス最新レポート
バイナンスが公開した最新の月間レポートによると、OTC取引を通じた大口の傾向として、時価総額上位のETHとXRPの需要が増加、通常よりも多く購入されていたデータが確認された。
CoinPost
01/07 (火)
LINEグループ運営の仮想通貨取引所BITBOX、BTC/XRPなど3通貨ペアを廃止
LINEグループ運営する、シンガポール本拠の仮想通貨取引所「BITBOX」は7日、BTC/XRP、ETH/XRP、USDT/XRPの通貨ペア廃止を発表した。同取引所における流動性欠如が一因とみられる。
CoinPost
01/06 (月)
バーガーキング、「ベネズエラ」でもビットコインなど6種類の仮想通貨決済を導入
ベネズエラ国内の「バーガーキング」でビットコインなどの6種類の仮想通貨決済を開始する計画が明らかにした。インフレ国における需要に期待感を示している。
CoinPost