PayPal、仮想通貨の出金機能を実装へ コンセンサス2021

PayPalの最新動向

米決済大手PayPal社は暗号資産(仮想通貨)の出金サービスを今後可能にする予定だ。

CoinDeskが開催する大型業界カンファレンス「コンセンサス」に登壇したPayPalのブロックチェーン部門責任者Jose Fernandez da Ponte氏が計画を明らかにした。

da Ponte氏によると、PayPalがサードパーティウォレットへの仮想通貨出金機能の開発を現在進めている。PayPalはビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の取引をプラットフォーム上で提供してきたか、仮想通貨現物の入出金はできない状況にある。出金機能がつけば、仮想通貨のグローバル流動性に大きく貢献する可能性がある。

da Ponte氏はPayPalの展望について、「顧客にできる限りよりオープンなサービス、より多くの選択肢を与えたい」、「PayPalで入手された仮想通貨を好きな場所に送金できるようにするのは自然な流れだ」と語った。

現時点では、出金サービスの開始は計画で、日程についてはda Ponte氏は明かしていない。

独自のステーブルコイン発行?

また、先日報じられたPayPalが独自のステーブルコイン発行を検討についてda Ponte氏は、そのような計画は未だ考えるには早いと説明した。

一方、CBDCについて「中央銀行がCBDCを発行するのはもちろん理に叶うが、1つのCBDCもしくは1つのステーブルコインが支配的な存在になるとは思えない」、「CBDCもステーブルコインも共存していくだろう」との見解を披露している。

その上で、CBDCのようなデジタル通貨が拡大することで、金融の安定をもたらし得るだけでなく、誰もが金融システムにアクセスできる金融包摂も拡大できると考えているとした。しかし、CBDCに関するディスカッションは多いが、実際に書かれているコードなどは未だ少なく、グローバルで見ても実現までには少し時間が必要になるのではないか、とda Ponte氏は指摘した。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します