英議会で議員がイーサリアムに強気発言、「仮想通貨の実験」が許される規制環境を求める

金融におけるイノベーションの必要性を主張

5月18日、保守党のトーマス・トゥゲンダート議員は、英国下院議会で世界の金融が大きく変わりつつ今こそ、政府はより革新的なアプローチとして暗号資産(仮想通貨)に目を向けるべきであると訴えた。

エリザベス女王による政府の新たな政策演説を受けた討論で、トゥゲンダート議員は19世紀に国会議事堂で発生した大火事が、議事堂だけでなく古い秩序を壊したと指摘。経済の妨げとなっていた制限が取り除かれ、通貨に革新がもたらされたことで、経済の方向性が大きく変わり、その後の繁栄が生まれるきっかけとなったと主張した。

そして、女王の演説では、通貨や経済の性質の変化や、様々な形態を持つ仮想通貨の革新性に触れられていないと指摘し、今こそ金融改革の必要性について議論する必要があると述べた。

しかし、トゥゲンダート議員には詳細に説明する時間が残されていなかったため、「フリッペニング(注1)や、ビットコイン(BTC)よりもイーサリアム(ETH)に強気である理由」、またイノベーションを可能にするための財務省に対する要求については触れずに、議会でのスピーチを終えた。

その後、トゥゲンダート議員は次のようにツイートし、スピーチ全文をインターネットに掲載し公開した。

「我々は将来の取引やリスク共有を形成する契約と通貨について熟考する必要がある。ビットコインからイーサリアムへのフリッペニングを目の当たりにしている中、英国のイノベーションのためのスペースを作り、新しい経済に何が必要なのかを法制度が学べるよう、財務省が支援する必要がある。」

(注1)仮想通貨業界用語で、将来、イーサリアムの時価総額がビットコインを上回り、「最も価値のある」仮想通貨になる可能性に言及したもの

金融の分散化

Soundcloudで公開されたスピーチで、トゥゲンダート議員は、未来へのリスクをどのように共有するべきかについて、金融の面から自身の考えを披露した。

議員は、すでに紙幣の時代は終盤を迎えており、「銀行が契約の形で貸し出す」電子マネーの時代となっていると指摘。そして、次に来るべき段階が仮想通貨がもたらす「金融の分散化」だが、多くの人々が金融の分散化を大きなリスクと認識してしまっていると述べた。

しかし、仮想通貨の本質は、ビットコインやその他諸々のコインという話ではなく、個人が直接リスクを共有し、直接交換手段を持つということに尽きると議員は主張する。仮想通貨は「通貨としてではなく、交換手段として世界を変えるものだ」と強調。「個人間の信頼を築き、世界中で信頼を築き、リスクと繁栄の共有方法を変える」ものだという。

2008年の金融危機に見られたように、中央集権的な権威主義は、将来に対する長期的な予測の可能性を持つものではなく大きなリスクであり、対照的にP2Pのような金融の分散化は経済の安定性を増すことにつながると、議員は述べた。

財務省への要望

トゥゲンダート議員は、今後数年間にわたり、仮想通貨やスマートコントラクトを試すことができるサンドボックス的な制度を、財務省に求めていくつもりだという。「イノベーションを許容し、規制は後回しにする」ことが可能かどうかを探っていくと述べた。

さらに、「技術革新や新しい市場を疑いの目で見るのではなく、人々が実験できるように一歩踏み出す」という、米証券取引委員会(SEC)のHester Peirceコミッショナーの革新技術に対する規制アプローチを称賛した。

国会議事堂の火事の後、英国は建物の再建だけではなく、新たな金融システムを構築し成功を収めたことを思い起こし、今、仮想通貨がもたらす変革の中心に陣取って、世界の金融の「配管を理解し、再構築する」ことが、「次の産業革命」を見逃さないために重要だと強調し、同氏はスピーチを結んだ。

著者:幸田直子
参考:soundcloud

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します