CoinPostで今最も読まれています

「仮想通貨市場はバブル」──ヴィタリック氏、相場やイーサリアムのガス代などについて発言

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ヴィタリック氏のインタビュー

イーサリアム(ETH)の共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏が、最近の暗号資産(仮想通貨)の相場がバブルであるとの見解を示した。

昨年10月ごろから続いた強気相場から一転、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)の一連のツイートや、米国や中国の規制強化などの要因が重なり、最近仮想通貨市場は暴落。ヴィタリック氏は、バブルの終わりは予想が難しいとしながらも、すでに終了した可能性もあるし、今から数カ月後に完全に終わる可能性もあるとの見方を示している。

関連:仮想通貨暴落で大規模ロスカット発生 ビットコイン400万円を割り込む

ヴィタリック氏が「CNN Business」のインタビューに応じたのは18日。相場やイーサリアム、ビットコイン(BTC)、マスク氏などの話題について語っており、20日に記事が公開されている。

上述したように相場についてはバブルだとし、「過去にも今回のような大きなバブルは少なくとも3回あった」と指摘。そして「バブルが最終的に終わる理由は、技術の普及が進んでいないことを明確にするような出来事が起きるからだ」と主張した。

また規制について、「常に懸念している」と発言。その上で、当局の話をよく聞くことが重要だと指摘し、仮想通貨と規制機関が必要以上に対立してしまうリスクを心配していると述べた。ブロックチェーンは分散型で、政府は完全に仮想通貨をなくすことはできないとの見方があるが、「利用を制限したりすることはできる」と語っている。

一方で、現在は過去に比べ、仮想通貨はメインストリームで普及する準備が整いつつあると感じるとし、「仮想通貨は、もはや『おもちゃ』ではない」と自信も見せた。

関連:なぜイーサリアムへの資金流入が続くのか、高騰続く背景は

その他の話題

イーサリアムの手数料について

ヴィタリック氏の発言の通り、DeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)の需要の高まりなどで、イーサリアムのネットワークも利用が急増している。

しかし、それによって手数料(ガス代)が高騰。ユーザーから不満の声が聞かれるようになって久しい。

今回のインタビューでヴィタリック氏は「現在は手数料が非常に高い」と認めながらも、「技術のアップデートで、手数料を下げる自信がある」と語った。

イーサリアムは、スケーラビリティの問題等を改善するために、現在「ETH2.0」への大型アップグレードを段階的に進めている。またレイヤー2の技術の導入することで処理能力を高め、手数料の削減につなげる方法にも取り組んでいるため、今後の改善に期待が高まってきた。

ETH2.0へのアップグレードでは、コンセンサスアルゴリズムを「Proof of Work(PoW)」から「Proof of Stake(PoS)」へ移行する。

ビットコインについて

ヴィタリック氏は今回のインタビューで、マイニングにおけるコンピューターの計算で、大量の電力を消費するPoWについても言及。最近、環境への悪影響を懸念する声が増えている問題について、「PoWだけで世界を破壊するようなものではないが、大きなマイナス要因であることは間違いない」とした。

「イーサリアムはPoSへの移行で、エネルギー消費を1,000分の1から1万分の1まで減らせる」と主張。中規模の国家が使うエネルギーの規模から、1つの村が利用する規模まで減らせると説明している。

関連ETH2.0移行後は消費電力が99%削減か=イーサリアム財団の調査

そして今後について、ビットコインもPoSへ移行するか、PoSを含めたハイブリッド型にすることを求める声が増えるだろうと指摘。PoWに固執するのであれば、ビットコインは「遅れをとる可能性がある」と語った。「確信は持てないが、イーサリアムがビットコインを時価総額で追い抜く可能性もある」と述べている。

イーロン・マスク氏について

さらにインタビューでは、マスク氏が市場に与える影響についても語った。今まで、マスク氏のツイートを受け、相場が大きく動く事例が何回も確認されている。

関連テスラ社はビットコインを売却せず?──19日深夜の大暴落でイーロン・マスクCEOが示唆

ヴィタリック氏はこの現象について、仮想通貨市場は、まだ免疫機能が完全ではないため、混乱をもたらす出来事に影響を受けやすい傾向があると指摘。「マスク氏のツイートは昨年から今年にかけてのことで、免疫のない初めて出来事だ」とし、「市場はこれから学んでいくだろう。マスク氏の影響は永遠には続かない」との見方を示した。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/09 金曜日
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。
15:35
米議会両院、FTXのサム前CEOを公聴会に召喚へ
米上院銀行委員会は、仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏宛ての書簡を公開。公聴会に向けて、期日までに出席する意向を示さない場合に召喚状を提出する構えを示した。
15:00
韓国中銀、ステーブルコインの監督権限を求める
韓国銀行(中央銀行)は、仮想通貨規制に関する報告書を発表。ステーブルコインに関して特別規制を設けるよう提案し、中銀に監督の役割が与えられるべきだと主張した。
14:44
Oasys、OASの一斉上場と初のNFTプロジェクト「OASYX」発表
国内発ゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、海外取引所でのネイティブトークンOAS上場予定と、初のNFTプロジェクト「OASYX」を発表した。セガのバーチャファイターで知られる鈴木裕氏が監修を務める。
12:55
ビットコイン投資信託GBTC 訴訟問題
米最大手仮想通貨投資企業グレースケールが訴訟に直面。原告はGBTCのマイナス・プレミアムを解消するため、償還プログラムを提供させるために帳簿記帳の開示を要求している。
12:10
カナダ最大の年金基金、仮想通貨投資の検討を終了
カナダ最大の年金基金CPPインベストメンツは、ビットコインなど仮想通貨への投資を検討する取り組みを終了していた。仮想通貨への直接投資は行っていないと述べている。
10:20
欧州中銀理事、仮想通貨のリスクと規制方針を提示
欧州中央銀行のパネッタ理事は、ビットコインなど仮想通貨のリスクと規制方法についてスピーチを行った。仮想通貨がもたらす環境負荷などに対応する税制も提案した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧