大幅下落のビットコイン瀬戸際に、4月以降はゴールド市場と明暗を分ける

ビットコイン相場と金融マーケット

9日の暗号資産(仮想通貨)市場。三角保ち合いを下放れしたビットコイン価格は一時31,000ドルまで大幅下落し、その後反発した。

直近では5月中旬以降の下落トレンドを鮮明にしており、モメンタム悪化も際立つ。底割れすれば年初来安値の27,678ドルや昨年12月にもみ合った22,000〜24,000ドル。3年前の仮想通貨バブルの最高値である約2万ドル水準が意識されることになるため、投資家の警戒感が募る。

一方、足元では売られすぎ水準にあり、ショートカバーを伴う上昇も散見される。31,000ドルが二番底となるか否か、続落したとして3万ドル前後で下げ止まるかどうかは目下の焦点だ。

ゴールド市場と明暗

国際調査機関であるワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)のレポートによれば、21年5月に+8%上昇した金(ゴールド)について、興味深い傾向が示された。

出典:WGC

19年6月から21年5月までの金上場投資信託(ETF)における月次資金フローを確認すると、20年9月に記録した+48億ドル以来マイナス圏に沈んでいた世界のゴールド流入額がプラスに転じた。 +34億ドルの内訳は欧米が中心となっており、アジアは-3億ドルだったという。

この点についてWGCは、「インフレ懸念の高まりという説よりも、ビットコインなど仮想通貨の暴落が影響したとの見方の方が理に適っている」とした。短期的には負の相関を示している。

金などの貴金属は、地球上に存在する総量(最大供給量)が決まっており、採掘のために高いコストも掛かるため、インフレーションに対して価値を保ちやすく、リスクオフ局面での安全資産として認知されている。

金市場は昨年、大規模な金融緩和に伴う、低金利と通貨安懸念などを背景に資金流入が加速した背景がある。

20年7月には、およそ9年ぶりに過去最高値を更新して1トロイオンス=2,000ドルの大台に到達。20年8月には2075ドルまで続伸するも、その後はビットコインの高騰と逆相関するようにして大幅反落。21年3月には1,670ドルまで下落した。

ビットコインが過去最高値の約700万円でピークを付けて下落を始めた4月以降は、ゴールド市場は上昇傾向に転じており、6月9日現在1,893ドルまで回復している。

GOLD/USD

米資産運用会社VanEckは20年1月、「The Investment Case for Bitcoin」と題したレポートの中で、「恒久性、希少性、匿名性を有するビットコイン(BTC)は、すでに貨幣的価値を持っており、デジタル・ゴールドとしてのポテンシャルを秘めている」と指摘。金と似たような代替資産性に関心が集まっていた。

どの国でも同じような価格で換金でき、中央集権が埋蔵量をコントロールできないという意味では、中央集権の発行体が存在せず、アルゴリズムで採掘上限が定められるビットコインにも同様のことが言える。

そのため、BTCの強気相場では、機関投資家が運用資金を金ETF市場から移動させていたとの指摘も少なくない。今年3月には、米ブルームバーグのアナリストMike McGlone氏がビットコインとゴールドを比較した指標を分析。ポートフォリオが入れ替わりつつあると主張した。

関連:「ビットコインがゴールドに置き換わるペース加速」ブルームバーグのアナリストがデータ考察

そのような状況にある中、今年4月〜5月にビットコインが天井を付けピークアウトすると、機関投資家の資金流出も目立つように。

The Timesが報じたところによると、英資産運用会社Rufferは20年11月、「Multi Strategies Fund」にあるゴールドなどのポジションを減らして、約630億円をビットコイン投資に充てていたが、20年4月にポジションを解消。得た利益を、政府発行債券であるインフレ連動国債などのディフェンシブ資産に投資し直した。

関連:国の大手資産運用会社、ビットコイン投資から一時撤退 約1,200億円の利益

個別銘柄の動向

データ分析企業Crypto Quantのデータで、イーサリアム約40万ETHの大規模なアウトフローが確認された。Ki Young Ju CEOは 強気シグナルだと指摘し、機関投資家のOTC(相対)取引の可能性があるとの見立てを示した。

7月頃に予定されるロンドンハードフォークでは、新たな手数料モデルなどを導入するイーサリアムの改善案の「EIP-1559」の実装されるが、ベースフィーの焼却(バーン)などが見込まれることでETHの供給量減少がデフレの性質を帯びることから、市場の関心を集めている。

関連:市場の関心集めるイーサリアム改善案「EIP-1559」Deribitアナリストが分析

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します