ビットコイン最高値を当てた著名アナリスト、3年後の強気予想は「今も有効」

強気予想は健在

ストック・フロー比率(S2F)モデルを用いて、暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場を分析する著名アナリストPlanB氏は、今後3年間で1BTCあたりの理論価格が28万8,000ドル(約3,160万円)となるという強気の予想を崩していない。

同氏はこの予想は「今でも有効」とツイート。ビットコイン価格が、S2Fの改訂バージョン「S2FX」モデルの予想ラインにタッチしない方が驚きだと述べた。

現時点のビットコイン価格は、同モデルの予想ラインより下方へ乖離している。しかし、PlanB氏は、このような偏差は、ビットコインの価格が暴騰した2013年や2017年にも見られたものであり、半減期後に見られる「慣性」に過ぎないとして、予想に対する自信を覗かせた。同氏は、前回(2020年)の半減期後のビットコインの理論価格は、1BTCあたり55,000ドル(約600万円)を突破すると予想していたが、今年2月にこの予想は実現した経緯がある。

S2Fモデル

ストック・フロー比率(S2F)は、「S2F=市場に存在する量(ストック)/年間生産量(フロー)」で計算され、貴金属(金や銀)などの希少性と価値を測るモデルとして利用される。

PlanB氏は、発行上限のあるビットコインの希少性が、金のような資産クラスと同様に、価格維持の根拠になると考え、約10年にわたるビットコインの相場データを用いて、希少性を定量化しビットコインの価値をモデル化することに成功した。

同氏のS2Fモデルでは、ビットコイン価格は今年の12月までに10万ドル(1,000万円強)に達すると予想しているが、これは2017年の価格軌道に沿った場合を想定している。

一方、ビットコイン相場が2013年の価格軌道に沿った場合を想定して、同氏は新たにS2FXモデルを提唱した。S2FXモデルの予測に従った場合、ビットコインは次の半減期である2024年までに、28万8,000ドルに達すると予想されている。

しかし、いかなる価格予想にも言えることだが、S2Fモデルは万全ではない。過去のBTC価格とS2Fの統計的傾向から理論価格を導き出している点に注意を払う必要がある。ビットコインの供給面のみを基盤にした予測であり、価格形成の基本である需要面を考慮に入れていないという批判があるのも確かだ。

関連:「仮想通貨ビットコインは21年に10万ドル」PlanBがストック・フロー比率分析

主要資産運用会社が仮想通貨市場に参入

仮想通貨の需要を促進するという面では、注目される動きもあった。米テキサス州に本拠を置き、運用資産額が16兆円を越える資産運用会社、ビクトリー・キャピタル社(Victory Capital)の仮想通貨市場参入だ。

先週、同社は米株式市場のナスダック、ならびに仮想通貨に特化した資産運用会社Hashdexと独占契約を結び、仮想通貨市場へ参入すると発表した。ナスダックとHashdexが共同開発した、複数のコインから構成される仮想通貨指数「ナスダック・クリプト・インデックス」(NCI)を基盤とした私募ファンドを立ち上げる予定だという。

現在、NCIの構成は次の通り。

  • ビットコイン(BTC):62.39%
  • イーサリアム(ETH):31.7%
  • ライトコイン (LTC):1.34%
  • チェーンリンク(LINK):1.25%
  • ビットコインキャッシュ (BCH):1.01%
  • ユニスワップ(UNI):0.9%
  • ステラ(XLM):0.75%
  • ファイルコイン(FIL):0.66%

さらに適格投資家向けに、ナスダックが提供するビットコインおよびイーサリアム価格指数に基づいた私募ファンドも提供予定とのことだ。

ビクトリー・キャピタル社は、「仮想通貨は、うまく分散されたポートフォリオの一部となり、発展が見込まれる資産クラス」であるとコメント。仮想通貨市場参入は、デジタル資産に対する機関投資家の関心が急速に高まっていることへの答えだとしている。

関連:ビットコイン高騰で週足反転シグナル、CMEのBTC「先物メジャーSQ」迫る中

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します